電子帳簿保存法対応

領収書の電子管理、はじめましょう

電子帳簿保存法のスキャナ保存要件が緩和 2017年1月1日より、スマートフォンなどのモバイル機器やカメラで領収書を撮影し、 電子化することができるようになりました。

電子帳簿保存法対応のメリット

従業員の生産性向上

モバイルのカメラ機能でレシートを撮影、
そのまま経費申請。
領収書の糊付け作業は不要です。

経理部門の生産性向上

紙の領収書と申請内容の突合は不要。
電子化された領収書はすでに経費申請とリンク。

紙の輸送・保管コスト削減

紙の領収書を保管する場所は不要。
輸送コストの心配からも解放されます。

タイムスタンプを自動付与

スキャナやモバイルアプリで領収書を撮影すると、自動的にコンカーに送信。タイムスタンプを付与し、経費精算時に利用できます。スキャナ保存要件の「真実性の確保」に対応します。

検索機能

取引年月日や金額などの経費項目や従業員単位で、領収書の検索ができます。スキャナ保存要件の「可視性の確保」に対応します。

一括検証

任意の期間を指定し、スキャンした領収書データが改ざんされていないかの検証を一括で行うことができます。税務当局が税務調査をする際に必要になります。

スキャナとの自動連携

複合機のスキャナと連携して自動取込が可能。大量の領収書がある方も一括で取り込むことができます。

新しい経費精算のスタイル

経費精算がスキマ時間で完了。従業員の働き方も変わります。

アプリで領収書を撮影

モバイルアプリのカメラ機能で領収書を撮影。
原則3日以内に撮影しましょう。

タイムスタンプを自動付与

撮影した写真がアプリからコンカーに自動送信。
タイムスタンプが付与されます。

糊付け不要

必要事項を補足して経費精算。
紙の領収書を糊付けする必要はありません。

ブログ:電子帳簿保存法はこう活用する!領収書電子化ガイド

領収書を電子管理するための手順や、社内規程の策定など、分かりやすくまとめています。

ブログ記事を読む

電子帳簿保存法 税務署申請書類 記入例 ダウンロード

Concur Expenseを例として、改正電子帳簿保存法適用のために税務署へ提出する申請書をダウンロードできます。