経費の不正とコンプライアンス

従業員が経費規定を遵守し、経理チームが経費請求のミスや不正を簡単に検知して対処できるように支援します。

不正やコンプライアンス違反は、利益以上に損害をもたらします。

経費の不正には、経費の水増しや架空の領収書発行などがあります。不正防止の対策としては、経費精算のルール・システム・フローの3点を見直し、改善を行うことです。経費精算システムを導入することで、不正ができない(困難な)環境にすることも必要になるでしょう。

  • AIを活用して精度を高め、プロセスをより効率的にする
  • 従業員側の動機と機会を与えない
  • 手作業によるチェックを減らし、経理チームが仕事を効率良くこなせるよう支援する

不正に関するウェビナーを見る 経費の不正はなぜ起こる?

経費精算のない世界 承認レスに向けて

出張旅費の不正請求の防止は、今日ほとんどの企業で優先事項とされています。これらの問題に対処するには、業務プロセスの見直しとデジタル技術の活用により、ガバナンスを担保しながら承認工数を最小化する、「承認レス」を具現化することで実現できます。

  • キャッシュレス利用で改ざん防止
  • 入力時点で不正を自動検知
  • 経費データから不正を検知

プレスリリースを読む

不正およびコンプライアンスの統計

不正がすべて故意によるものではありません。従業員が経費ポリシーを理解していないために生じることもあります。

28%

何が不正に該当するかを理解している経理チームのリーダーの割合

17+ hours

経費の不正と闘うために毎週費される平均時間

48%

1年に1度は経費超過をしても仕方がないと考えている従業員の割合

65%

「出張経費の規定は不公平である」と感じている従業員の割合

SAP Concur ソリューションの詳細についてお問い合わせください

SAP Concur 担当者へのお問い合わせはフォームをご利用いただくか、またはお電話(03-4570-4600)にてお願いいたします。

*必須入力項目

*は必須入力項目です *

SAP Concur はお客様のプライバシーを尊重しています。お預かりした個人情報は弊社規定のプライバシーポリシーに基づき、社内でのみ活用されます。第三者に共有、販売、提供などは行なわれません。お客様の興味に合わせたニュース、トレーニング、製品情報などをお送りさせていただきます