導入のご相談: 03-4570-4666
03-4570-4666

交通系ICカードとの連携

SuicaやPASMOのデータを読み込み、交通費を簡単に管理

ICカードデータ読取機能で従業員の交通費経費管理

Concur Expenseなら、交通費の計算と従業員の経費精算管理がカンタンかつ正確に行えます。交通系 IC カード (Suica、モバイル Suica、PASMO、ICOCA など) のデータを読み込んで交通費を登録し、従業員経費精算・管理を行うことができます。
交通系 IC カードを、ネットワーク IC カードリーダー や Android の専用端末で読み込ませると、自動的に Concur Expense に接続し、必要なデータを吸い上げます。
経路・運賃を手入力せずとも、IC カードのデータが Concur Expense に取り込まれます。
なお、データの二重取り込み、データ改ざんの防止、物販データの自動除外にも対応しているため、安心してご利用いただけます。
モバイルSuicaやApple Payに登録したSuicaでの乗車履歴を、スマートフォンやApple Watchから取り込むことも可能です。

IC カードの使用履歴を蓄積

交通系 IC カードには、通常 20 件の履歴しか記録されませんが、経費精算の際、Concur Expense に吸い上げられたデータは、サーバーで保管されるため、消えることがありません。会社に帰ってきたら、IC カードをリーダーにかざすだけで、出張、外出の履歴が自動的に Concur Expense のサーバーに蓄積されるため、経費精算の入力・精算の手間が大幅に減ります。また、従業員と IC カードは紐付けされ、二重に蓄積・取り込まれることはありません。

ジョルダン乗換案内とコンカーの連携機能

公共交通機関利用時の交通費入力手段として、ジョルダン乗換案内と連携することにより、経路検索と運賃算出が可能です。またジョルダンのデータベースを利用しているため常に最新の運賃データが利用できます。交通費や出張費に関する従業員経費管理が、より簡便になるとともに、経費精算の正確性が増します。 また、運賃・経路が「安」「楽」「早」のマークつきで経費精算書に表示されるため、管理者や経理部門のチェック・監査業務が簡単になります。

複数のカードに対応

外出・通勤・出張での交通費や旅費など、従業員の経費精算管理の必要性は、人や企業によりさまざまです。経費精算クラウドのConcur Expense ではそのような多様なニーズに対応するため、交通費精算の際、1 人の従業員につき、複数枚の交通系ICカードを紐づけることが可能です。

関連する製品

経費精算・経費管理
Concur Expense

クラウドシステムで経費精算を全自動化し、すべてを繋げます

詳細はこちら


出張予約・管理
Concur Travel

オンラインで出張手配。旅費規程も自動で反映、コストも大幅削減

詳細はこちら


請求書管理
Concur Invoice

請求書を自動取り込み、請求書処理を電子化することでムダな時間を削減し、自動化します

詳細はこちら