トキタ種苗株式会社

煩雑な国内外出張の経費精算にSAP Concurを導入!わかりやすいルールを決め社内の浸透を図り、想定通りの効率化、ペーパーレス化を達成

創業は大正6(1917)年と100年以上の歴史を持つトキタ種苗株式会社は、野菜の新たな品種を育種する企業だ。日本初のミニトマト「サンチェリー」、ミニハクサイ「娃々菜」(わわさい)、甘さが特徴のトウモロコシ「ミルキースイーツ」などを開発し、中国、インド、イタリア、米国、チリなど海外にも販売網を持つ。そのため国内移動や海外出張が多く、出張関連の経理業務の効率化やデジタル明細によるペーパーレス化を目指して Concur Expense® Standard を導入。経費精算業務の効率化と、デジタル明細活用、及びスキャナ保存法への対応も実現し、キャッシュレスとペーパーレス化を社内に浸透させた。


事例の詳細は資料をDLしてご確認ください!

 


SAP Concur を選択した理由

  • スマートフォン対応によりいつでもどこでも経費精算が可能
  • コーポレートカードとの連携で、入力工数を削減と不正利用を抑制
  • 電子帳簿保存法に対応し、業務効率化とペーパーレス化を実現

Concur® Expense Standardとコーポレートカードの連携により出張時の旅費精算、立替精算が効率化できました

-トキタ種苗株式会社 執行役員 総務経理部部長 我如古 春世氏


業種

製造

従業員

145名(2020年10月現在)

地域

埼玉

利用製品

Concur Expense 経費精算
Concur® Small Business Edition

利用可能な事例資料