ピックアップ記事
プレスリリース2019.02.15
わたしたちについて
コンカー、「働きがいのある会社」女性ランキングで"1位"、3年連続 ベストカンパニー受賞
~「働きがいのある会社」ランキングと併せて、両部門で1位選出~ 出張・経費管理クラウドのリーダー、株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)はGreat Place To Work® Institute...

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
第11話 - 収益認識基準では返品の見積を考慮した売上計上が必要に - 公開道中「膝経理」
こんにちは、有限会社ナレッジネットワーク 公認会計士の中田清穂です。 前回の「割賦販売の延払基準の廃止」に続いて、今回の連載のテーマは「返品の見積を考慮した売上計上」です。前回に続き、将来的に発生することが予測される売上の変動について、どのように収益認識をすればいいのかについてお伝えしていきます。 プロローグ

もっと見る

プレスリリース2019.02.08
わたしたちについて
「働きがいのある会社」ランキング従業員100〜999人部門で2年連続 “1位”、5年連続 ベストカンパニー受賞
~全社員共通の信念、独自の『高め合う文化』と、それを浸透させる取り組みにより、従業員間の高い連帯感と信頼感が醸成 ~ 出張・経費管理クラウドのリーダー、株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)はGreat Place To Work® Institute...

もっと見る

プレスリリース2019.02.06
出張・経費管理トレンド
塩野義製薬の間接業務デジタル・トランスフォーメーションにコンカーのクラウドソリューションを採用
~電子帳簿保存法により従業員5000人の経費精算の完全電子化が実現。またアウトソーシングによる更なる効率化を推進~ 出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、塩野義製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:手代木 功、以下 塩野義製薬)が間接業務のデジタル・トランスフォーメーションを目的として、当社の経費精算・管理クラウド「Concur Expense」、請求書管理クラウド「Concur...

もっと見る

プレスリリース2019.01.28
わたしたちについて
コンカー、大分支社を開設
~グローバル人材のための雇用を創出。地域社会活性化への貢献もめざす ~ 出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、国内4拠点目となる大分支社を開設、本日開所式を開催しました。 (写真右から大分市 商工労働観光部長 戸田 美和様、大分市長 佐藤 樹一郎様、株式会社コンカー 代表取締役社長 三村 真宗、大分県 商工労働部長 高濱 航様)

もっと見る

わたしたちについて
働きがいのある会社 Great Place To Work受賞5社で勉強会を開催
働きがいのある会社ランキングで入賞している5社(ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ様、freee様、gcストーリー様、マルケト様、コンカー)合同で、各社の働きがいを高める取り組みをオフィス訪問して学ぼうという目的のもと、持ち回りで勉強会を開催しています。...

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
第10話 - 収益認識基準への改正で割賦販売の延払基準が廃止に - 公開道中「膝経理」
こんにちは、有限会社ナレッジネットワーク 公認会計士の中田清穂です。 前回の連載のテーマは、「ポイント引当金の廃止」でした。各社が発行しているポイントカードやクーポン券などは、所有者である顧客に利用された段階で生じる将来の負債です。これら引当金をどのように処理すればいいのかについてお伝えしました。...

もっと見る

プレスリリース2019.01.15
出張・経費管理トレンド
中電シーティーアイ、間接業務の生産性と業務品質の向上を目指し、電力業界初となるクラウド型経費精算・管理システム「Concur...
~エネルギー業界への展開を視野~ 株式会社中電シーティーアイ(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:内藤 雄順 以下、中電シーティーアイ)は、株式会社コンカー(本社:東京都中央区/代表取締役社長:三村 真宗 以下、コンカー)の提供するクラウド型経費精算・管理システム「Concur Expense(コンカー・エクスペンス)」および経費監査チェックサービス「Concur Audit...

もっと見る

出張・経費管理トレンド
AI・RPA時代における経理・財務部門の未来像
~日本CFO協会・デジタルテクノロジー部会 幹事 櫻田修一氏に聞く~ AI・RPAの急速な普及により、経理・財務部門でも業務の自動化・効率化に役立てようという機運が高まっています。今後、経理・財務の現場にAI・RPAが取り入れられると、業務はどのように変化していくのでしょうか。日本CFO協会・デジタルテクノロジー部会幹事を務める株式会社アカウンティングアドバイザリー マネージングディレクターの櫻田修一氏に話を伺いました。 経理・財務部門の業務課題を解決するAI・RPA

もっと見る