最新の記事
経理・総務の豆知識
ESG投資を得るための経営施策とは
経費精算に関してよく聞かれる質問とその回答をまとめたブログシリーズ、今回は少し目先を変え、ESG投資がテーマです。 最近、よく聞くようになった「SDGs(エスディージーズ)」や「ESG(イーエスジー)」という言葉をご存じでしょうか。また、ESG投資が注目されています。SDGsやESGとは何でしょうか。また、ESG投資はどのような投資のことでしょうか。会社としてESG投資を得るためには、どのようなことを行う必要があるのでしょうか。以下で詳しくみていきましょう。 質問:

もっと見る

わたしたちについて
UI刷新でConcur Expenseがますます便利に!変更の狙いと主な変更点をご案内 後編
SAP Concurはお客様からの要望や最新デザイントレンドを反映し、さらに使いやすいシステムを目指すべく、2022年のアップデートにてユーザーインターフェース(UI)を大きく刷新します。実際にどのように変わり、またユーザーの皆様にはどんなメリットをご体感いただけるのでしょうか。 先だって、製品担当との対談ブログを公開いたしましたが、本ブログでは2回にわたってもう少し詳しく、変更目的や変更ポイントの詳細をご紹介します。(前編はこちら)...

もっと見る

わたしたちについて
UI刷新でConcur Expenseがますます便利に!変更の狙いと主な変更点をご案内 前編
SAP Concurはお客様からの要望や最新デザイントレンドを反映し、さらに使いやすいシステムを目指すべく、2022年のアップデートにてユーザーインターフェース(UI)を大きく刷新します。実際にどのように変わり、またユーザーの皆様にはどんなメリットをご体感いただけるのでしょうか。 先だって、製品担当との対談ブログを公開いたしましたが、本ブログでは2回にわたってもう少し詳しく、変更目的や変更ポイントの詳細をご紹介します。(後編はこちら) ■UI刷新の3つの目的

もっと見る

Press ReleaseNovember 18, 2021
出張・経費管理トレンド
コンカーの経費精算・管理クラウド「Concur Expense」、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」との機能連携を11月18日より開始
~Sansanの名刺情報との連携により、入力負荷を軽減、不正防止へ~ 出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村 真宗、以下 コンカー)は、Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長/CEO:寺田 親弘、以下 Sansan)が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」と、コンカーの経費精算・管理クラウド「Concur®...

もっと見る

わたしたちについて
SAP Concur は、なぜ新しいユーザーインタフェースへ 今、進化させるのか?
2022年より、 Concur Expense & Concur Requestの画面デザインが順次、新しいものへと生まれ変わります。今回は実際の画面をご紹介しながら、本プロジェクトの狙いや背景、そして目的などを製品担当者にお聞きします。 (聞き手:柿野、製品担当:神戸) 柿野:SAP Concur のユーザーインターフェース(UI)のデザインが今年から来年にかけて大きく変わるとお聞きしています。その背景を教えていただけますか?

もっと見る

Press ReleaseNovember 15, 2021
出張・経費管理トレンド
ニトリホールディングス、DXによる利便性向上とガバナンス強化のため、コンカーの経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を採用
~経費精算フローの運用を見直し、業務時間を年間で約46,000時間削減見込み~ 出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村 真宗、以下 コンカー)は、株式会社ニトリホールディングス(本社:北海道札幌市、代表取締役社長 白井 俊之、以下 ニトリホールディングス)のグループ間接費管理基盤として、コンカーの経費精算・管理クラウド「Concur Expense」が採用されたことを発表いたします。...

もっと見る

経理・総務の豆知識
棚卸、棚卸立会とは?準備は何が必要?
経費精算に関してよく聞かれる質問とその回答をまとめたブログシリーズ、今回は棚卸や棚卸に関する監査手続である棚卸立会がテーマです。...

もっと見る

出張・経費管理トレンド
デジタルの日にあわせ、【令和3年度税制改正対応】「領収書・請求書電子化完全ガイド」公開!
令和3年度の電子帳簿保存法の改正により、税務署への申請手続や領収書への自署、3営業日以内の電子化などといった、今までスキャナ保存導入の障壁となっていたルールが大幅に緩和されました。企業規模を問わずすぐにスキャナ保存を始められるようになり、今後領収書や請求書といった紙の書類の電子化、ペーパーレス化に着手する企業が増えることが予想されます。...

もっと見る

経理・総務の豆知識
【インボイス制度 早わかりブログ】第1回「インボイス制度とは」
弊社によるWebinarや電子帳簿保存法に関する各種資料、完全ガイド等でも、一昨年あたりから「消費税のインボイス制度」という言葉が出てくるようになりました。 すでに様々なメディアや媒体、国税庁のWebサイト等で説明がなされておりますが、改めて簡単に、この制度はどういうものなのかについて複数回に分けて振り返ってみます。 インボイス制度とは

もっと見る