コンカー、SAP Concur App Centerサービスとして、 ニーズウェルの会計連携・FB連携用データ自動生成アプリ 「CoNeCt(コネクト)」を提供開始

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村 真宗、以下 コンカー)は、株式会社ニーズウェル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 船津浩三、以下 ニーズウェル)の会計連携・FB(ファームバンキング)連携用データ自動生成アプリ「CoNeCt」を、SAP Concur App Centerのサービスとして提供開始します。

昨今のコロナウイルスの流行をきっかけに、場所や時間に囚われない労働環境の実現、企業の生産性向上のため、DX(デジタルトランスフォーメーション)を通じてのバックオフィス業務の効率化について、業界、規模を問わず、多くの企業が取り組みを始めています。

コンカーは中堅中小企業の間接費業務の効率化を推進するため、ニーズウェルの「CoNeCt」をSAP Concur App Centerのサービスとして提供開始します。
CoNeCt は、コンカーが提供する中堅中小企業向けの経費管理クラウド「Concur Expense Standard」と請求書管理クラウド「Concur Invoice Standard」と連携します。

CoNeCtは、Concur Expense StandardConcur Invoice Standardに登録した情報を基に、会計連携・FB連携用のデータをワンクリックで生成するソリューションです。
従来、SAP Concurの標準機能では、ユーザーは登録した経費精算や請求書のデータを手作業でダウンロードし、会計システムやFBに取り込める形に加工する必要がありました。


CoNeCtは、これらの作業を省力化し、ワンクリックで会計システムへの連携に必要なデータと銀行振込のためのデータの生成が可能となるため、工数の削減、連携時のミスが減少し、ガバナンス強化と経理業務の効率化の両立が実現します。

SAP Concur App Centerを通じてCoNeCtを活用することで、安定した接続、セキュリティ向上が実現でき、幅広いユーザーが採用しやすいサービスとなっています。

(SAP Concur App Centerとは)
SAP Concur App Centerは外部サービスとSAP ConcurをAPIで連携し、 経費データを自動連携させるサービスです。連携アプリはタクシー配車、出張管理、従業員の安全管理、サステナビリティ促進まで幅広く展開されており、出張・経費精算・請求書管理のさらなる効率化を支援します。

Loading next article