コンカー、エアアジアと出張旅費削減に向けた協業を発表

本リリースは、4月4日にシンガポール支社から発表された発表文の抄訳です

SAPグループ企業で、出張・経費管理クラウドをリードするコンカーはエアアジア・グループと共同でConcur Travelの利用企業に対し、エアアジアが展開する通常便のフライト情報に加え、特別なフライト情報も利用可能となる協業を進めると発表しました。後者のフライト情報は、エアアジアと直接契約がある企業のみ利用が可能です。現在の厳しい経済環境の中、多くの企業が出張費用を注意深く監視し、費用管理の高度化に注目しています。本協業は企業の出張費用の削減に貢献します。

マッキンゼーの調査(シンガポール観光局委託)によると、アジアが世界最大の市場であり、ビジネストラベルの中心地となる中、格安航空会社(LCC)も移動手段として支持され、アジアのビジネストラベル市場におけるシェアを拡大しています。アジアでは、LCCが世界で最も浸透した地域となっており、飛行機移動で発生する出張旅費の29%を占めます。なお、北米市場ではわずか16%となっています。また、アジア市場の成長速度が最も速く、LCCを活用した出張旅費は過去3年間で毎年11%増加、北米の6%と比べると成長率でほぼ2倍となっています。
 
Concurのアジア太平洋地域担当、シニアバイスプレジデントであるニック・エバードは次のように述べています。
「アジア最大のLCCグループであるエアアジア・グループとの協力により、お客様の出張旅費を大幅に削減することができます。Concurが提供する高い操作性を有する出張・経費管理ソリューションは、企業の出張業務に関わる時間とコストを削減し、ガバナンスの強化を支援します。Concurとエアアジアの両社は、お客様のデジタル化に対するニーズを十分理解しており、有効な協業になると確信しています。エアアジアとの協業が、お客様のコスト削減をさらに推し進めるきっかけになると思います。」
 
エアアジアのBarry Klipp法人営業事業部長は、次のように述べています。
「Concurとの協業が弊社の販売戦略において重要な役割を果たすと思っています。Concur Travelを通じ、エアアジアと法人契約を締結している企業に、特別なコンテンツを提供していきます。直面する厳しい経済状況のもと、企業は出張旅費を常に管理する必要があります。本協業により、Concurの利用企業に対し、出張旅費の高度化をご支援できることを楽しみにしています。」
 
エアアジア・グループの幅広いネットワークは、26カ国、9つの航空会社と120以上の都市をカバーしています。企業が世界中のあらゆるお客様に訪問することを実現し、新市場とビジネス機会の創造をご支援します。
 
エアアジアの企業向けプログラムにご興味をお持ちの方は、maa_corpsales@airasia.comまでお問い合わせください。

本社より発表したプレスリリースへのリンクはこちらから

Loading next article