コンカー、日本IBMならびにデロイト トーマツと経費精算領域の不正検知における戦略的協業を発表

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村 真宗、以下 コンカー)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口 明夫、以下 日本IBM)ならびにデロイト トーマツ リスクサービス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:岩村 篤、以下デロイト トーマツ)と経費精算領域の不正検知における戦略的協業を発表いたします。

コンカーが2021年6月に発表した「経費管理と不正リスクに関する調査」※1では、約7割の担当者が「経費精算の不正を見つけたことがある」と回答、少額なものや故意でないものも含めても、経費精算における不正は少なくないことが明らかになりました。さらに、「人による目視チェックだけで不正を見つけるのは難しい」と回答した担当者が約9割に上り、テクノロジーを活用した不正発見精度の向上ならびにチェック業務の効率化に寄与するソリューションへのニーズが高まっていることが伺えます。

※1【コンカー「経費精算における不正リスク」実態調査】経費精算申請の不正 「見つけたことがある」約7割
https://www.concur.co.jp/newsroom/article/pr-fraud-survey2021

この度コンカーはこれらのニーズに応えるべく、日本IBM、デロイト トーマツとの戦略的協業を発表します。今後、二社との共催セミナーなどを通じて両社のソリューションをコンカーのお客様にご提案するほか、両社のソリューションを活用して経費精算領域の不正検知の精度向上と承認業務の効率化を目指します。

  • 「経費精算不正検知ソリューション」(日本IBM)
    日本IBMが提供するコンカーワークフロー内での自動チェックおよび事後の分析による不正検知ソリューションです。AI-OCRを活用した領収書突合、領収書使いまわしチェック、整合性確認に加え、分析による不正検知サービスで構成されています。
     
  • 「リスク アナリティクス オン クラウド」(デロイト トーマツ)
    リスク アナリティクス オン クラウドは、デロイト トーマツ グループの有限責任監査法人トーマツが開発・発表した、国内監査法人初のクラウドベースのSaaS型リスク分析サービスです。企業内の連結財務データ、販売や購買などの各種取引データを読み込み、グローバルかつ豊富な事例と経験に基づく様々なリスクシナリオと照らし合わせ、リスクのスコアリングを行います。https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/deloitte-analytics/solutions/risk-analytics-on-cloud.html

コンカー 代表取締役社長 三村 真宗は、以下のように述べています。

「この度、日本IBM、デロイト トーマツと経費精算領域の不正に関する戦略的協業を発表しました。コンカーが目指している『経費精算をなくす』という目標の達成のためには、承認業務の自動化が必要不可欠です。今回、承認業務の自動化に向け、経費精算における違反や不正を検知して未然に防止し、さらに不正リスクを分析するソリューションのご提案が可能になりました。この度の日本IBMならびにデロイト トーマツとの協業で、経費精算の完全自動化に向けて大きな一歩を踏み出せたと思っております。今後も、様々なパートナー様やソリューションと連携し、さらなるサービス拡充に取り組んでまいります。」

Loading next article