従業員の経費データ改ざんの早期検出

経費データの改ざんは多くの企業にとって問題となっています。これは、従業員による経費金額の水増しや、正規の出張経費ではない明細を含めるなどのデータ改ざんである場合があります。あるいは、従業員の経費精算ポリシーに関する知識不足、または手入力によるエラーが原因である単なる間違いの場合もよくあります。データ改ざんによる申請は必ずしも悪意のあるものとは限りません。

自動データ改ざん防止

経費データ改ざんを防ぐ 1 つの方法は、自動化された経費データ インポート ソリューションを使用する方法です。これにより、経費精算ポリシーに準拠していない経費を特定、該当する経費を即座に確認することができます。

また、自動インポート機能を使用すると、以下が可能になるため、従業員の経費社内規定の順守に役立ちます。

  • サプライヤからデータ提供による支出詳細のインポート
  • 法人カードによる支出詳細のインポート
  • 特定の経費に対する領収書の自動要求

経費精算ポリシーに準拠していない経費の処理

経費精算ポリシーを簡単に組み込むことができます。 このため、企業も従業員も経費精算ポリシーに準拠していない経費を簡単に確認することができます。経費精算ポリシーに準拠していない支出には、入力時、経費精算書提出時、レビュー時、監査時に、アラートを設定でき、さらに詳細な調査を行うことができます。監査結果は適切な管理者および監査担当者に自動的に送信されます。

領収書のデジタル画像の追加

領収書のデジタル画像を経費申請に簡単に添付することができます。デジタル画像は、スマートフォンで撮影した写真やスキャンした画像でもかまいません。

3 万円未満の領収書原本を電磁的記録に置き換える場合は、国税関係書類の電磁的記録によるスキャナ保存の承認申請が必要です。

モバイル アプリケーション

Concur のモバイル アプリケーションを使用すると、従業員は発生した取引や領収書をスマートフォンを使用して撮影できるため、社内規定の順守に役立ちます。このモバイル アプリケーションは、主なモバイル プラットフォーム (iPhone®、iPad®、Android™、および BlackBerry® デバイス) で追加料金なしで使用可能です。

Concurのモバイルアプリケーションを利用すれば、あなたのスマートフォンから旅費経費の精算・承認・管理が可能になります。

モバイル