導入のご相談: 03-4570-4666
03-4570-4666

複雑化する海外リスクから従業員を守るための6つのポイント(事例:NECグループ)

海外進出と言えば大企業だけが行うものという時代は終わり、中堅中小企業も海外にビジネス領域を広げています。

その一方で、海外渡航に関連するリスクは複雑化し、テロ、暴動、悪天候、自然災害、感染症など、海外出張者が現地で思いもよらない事態に遭遇するリスクが高まっています。

こうした環境下において、海外に渡航する従業員を抱える企業にとって、安全配慮義務は必須の課題と言えます。しかし、「やらなければいけないが、何をどこまでやれば良いのかわからない」と悩むこともあるのではないでしょうか。

そこで、ビジネス環境を取り巻く海外リスクの変化と対策について、 「海外出張者の危機管理に関する実態調査」を元に、企業がまず抑えておくべきポイントを紐解いていきます。

[目次](全12ページ)


  • 押さえておきたい、ビジネス環境を取り巻く海外リスク
  • 課題は認識しているが、対策が追い付かない企業の現状
  • 海外リスク対策で必要な6つのポイント
  • SAP Concurのリスク管理ソリューション 事例紹介:NECグループ様
  • 5分でわかる貴社の危機管理レベル診断
  • Concur Locateで主張者の安全管理を強化