SUICA やPASMO などの IC カードのデータを保存・取り込み

交通費計算機能で従業員の経費管理

Concur Expense では、交通系 IC カード (Suica、モバイル Suica、PASMO、ICOCA など) のデータを読み込んで交通費を計算し、従業員経費管理を行うことができます。

交通系 IC カードを、ネットワーク IC カードリーダー や Android の専用端末で読み込ませると、自動的に Concur Expense に接続し、必要なデータを吸い上げます。経路・運賃を手入力せずとも、IC カードのデータが Concur Expense に取り込まれます。

なお、データの二重取り込み、データ改ざんの防止、物販データの自動除外にも対応しているため、安心してご利用いただけます。

モバイルSuica対応なので、おサイフケータイ、Apple Payを使って、スマートフォンやApple Watchなどからの乗車履歴の取り込みも可能です。

IC カードの使用履歴を蓄積

交通系 IC カードには、通常 20 件の履歴しか記録されませんが、Concur Expense に吸い上げられたデータは、サーバーで保管されるため、消えることがありません。会社に帰ってきたら、IC カードをリーダーにかざすだけで、出張、外出の履歴が自動的に Concur Expense のサーバーに蓄積されるため、入力・精算の手間が大幅に減ります。また、従業員と IC カードは紐付けされ、また二重に蓄積・取り込まれることはありません。

複数のカードに対応

外出・通勤・出張での交通費や旅費など、従業員経費管理の必要性は、人により、会社によりさまざまです。Concur Expense ではそのような多様なニーズに対応するため、1 人の従業員につき、3 枚の 交通系 IC カードと連動することが可能です。

Concurのモバイルアプリケーションを利用すれば、あなたのスマートフォンから旅費経費の精算・承認・管理が可能になります。

モバイル