成田空港給油施設株式会社

将来を見据えたバックオフィス変革のため、機能面、対応力に優れた SAP® Concur® を導入 社内の業務デジタル化へのきっかけとDX推進を目指す

成田国際空港における航空機給油施設全般の運用管理を担う成田空港給油施設株式会社。千葉港頭石油ターミナルから空港第1 給油センターまでの約47kmを、パイプラインを使って航空燃料を運び、空港エプロン下のハイドラント配管を使って航空機直下まで輸送するのがメイン業務だ。デジタルによる働き方改革やDXの波は同社にも影響を与えており、その先駆けとして2022年4月から、 SAP® Concur®を使った経費精算や請求書処理を行うこととした。経費精算については従来、他社のシステムを利用していたが、さらなる効率化や将来性を加味して切り替えを決断。SAP Concurによって得られる業務の最適化と共に、バックオフィス業務の変革を目指したDX 推進に向けて取り組みを進めている。


事例の詳細は資料をDLしてご確認ください!

 


SAP Concur を選択した理由

  • 完全ペーパーレス化、電帳法への対応の実現可能性
  • 他社システムと比べ、 経費精算業務の大幅な効率化が可能
  • 財政界への電帳法規制緩和を求める 働きかけや、専門性の高さを評価
  • 経費精算の効率化をきっかけに、バックオフィス変革への期待

SAP® Concur® の導入で一番やりたかったことは『デジタルの力で変われる』と社内に知らせることです。これをきっかけにDXの推進、バックオフィスの変革を目指していきます

- 成田空港給油施設株式会社 総務部 企画総務グループ 大槻僚氏


業種

輸送

従業員

290

地域

千葉,日本

利用製品

Concur Expense 経費精算
Concur Invoice 請求書管理
Concur® Small Business Edition
Concur® Request
ExpenseIt®

利用可能な事例資料