ピックアップ記事全ての記事を見る
出張・経費管理トレンド
AI・RPA時代における経理・財務部門の未来像
~日本CFO協会・デジタルテクノロジー部会 幹事 櫻田修一氏に聞く~ AI・RPAの急速な普及により、経理・財務部門でも業務の自動化・効率化に役立てようという機運が高まっています。今後、経理・財務の現場にAI・RPAが取り入れられると、業務はどのように変化していくのでしょうか。日本CFO協会・デジタルテクノロジー部会幹事を務める株式会社アカウンティングアドバイザリー マネージングディレクターの櫻田修一氏に話を伺いました。 経理・財務部門の業務課題を解決するAI・RPA

もっと見る

出張・経費管理トレンド
2019年以降の出張・経費管理はどうなる?未来を動かす10のトレンド
SAP Concurは出張・立替経費・請求書管理分野にイノベーションを起こすため、25年にわたって業界動向と技術革新の最前線に立ち続けてきました。より先進的な技術、変化し続ける従業員の要望、そしてますますグローバル化する経済に支えられて、この分野における革新のペースは加速し続けると私たちは考えています。 2018年もいよいよ終わり。そこでSAP Concurが2019年以降に起こりうる出張・経費管理の10のトレンドを予測します。 1. 女性出張者が直面するリスクは、企業アジェンダのトップに

もっと見る

プレスリリース2018.12.18
出張・経費管理トレンド
領収書電子化の推進に向けた、協業を発表
株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)とEY税理士法人(本社:東京都千代田区、統括代表社員:網野健司、以下EY)は、経費精算業務の効率化に向け、経費精算・管理クラウド「Concur Expense」と「電子帳簿保存の申請・承認に向けた税務支援サービス」の連携における協業を発表しました。 コンカーが提供するConcur Expenseは、全世界で44,000社、5,610万人に利用されている出張・経費管理クラウドソリューション「SAP...

もっと見る

最新の記事全ての記事を見る
プレスリリース2018.11.28
出張・経費管理トレンド
三菱重工、請求支払業務のデジタル変革の基盤として「Concur Invoice」と「BtoBプラットフォーム請求書」を採用
~ペーパーレス化による請求支払業務の効率化で、業務プロセス改革を推進~ 出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)と企業間取引の電子化サービス「BtoBプラットフォーム」を提供する株式会社インフォマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:長尾收、以下 インフォマート)は、三菱重工業株式会社(本社:東京都港区、取締役社長 CEO:宮永俊一、以下...

もっと見る

出張・経費管理トレンド
出張でレジャーも楽しむ「ブリージャー」、取り入れるための注意点とは?
~新しい出張スタイル「ブリージャー」、賢く取り入れて楽しい出張体験を!~ 海外出張やちょっと遠方の国内出張に行く際、「美術館巡りをしたい」とか「近くの温泉地まで足を運びたい」などと思ったことはありませんか?とはいうものの、結局はオフィス街で美味しいコーヒーショップを見つけたり、地元のレストランを探してご当地グルメを急いでかきこむ、といった人が多いのではないでしょうか。 しかしながら、2017年のSAP...

もっと見る

プレスリリース2018.11.13
出張・経費管理トレンド
SAPとシンガポール航空、企業の出張可視化の支援に向けて提携を発表
(本リリースは、11月8日にSAP本社から発表された発表文の抄訳です) シンガポール - SAP SE(NYSE: SAP)は、企業の出張可視化の支援に向け、シンガポール航空との提携を発表しました。シンガポール航空はアジアを拠点とする航空会社の中で、SAP® Concur®と業務提携をする最初の企業になります。Concur TripLinkをお使いのSAP Concurのお客様は、Concur Travelを使わずにシンガポール航空の予約をした場合も出張管理を行うことが可能となります。...

もっと見る

トピック: 出張・経費管理トレンド

出張や経費にまつわる市場調査や国内外のトレンドまで、知っておいて損はないトレンドをお伝えします。