コンカー、中堅・中小企業向け新サービス “Concur Standard” の提供を開始

~経費管理領域から開始、今後、コンカーが提供するサービスを中堅・中小企業向けに展開~

コンカーは、主に大企業向けに開発された自社製品の導入実績や蓄積された経験などに基づき、中堅企業(従業員数300名~1,000名規模)、そして、中小企業(300名以下)向けに特化したサービス群、「Concur Standard」シリーズを米国で開発。特にConcur Expense Standardは、生産性の向上で競争力強化を図る数多くの中堅・中小企業が採用、米国や豪州市場で顕著な伸びを示しています。 日本でも、モバイルデバイスを用いたワークスタイルの変化やビジネス環境のグローバル化で、中堅・中小企業での経費精算業務の簡素化や管理の効率化、不正経費防止などのガバナンス強化といった間接費改革の機運の高まりを受け、中堅・中小企業向けにConcur Expense Standardから提供を開始します。

Concur Expense Standardは、経費管理サービスConcur Expenseで提供されているグローバル対応(多言語、多通貨対応)機能や、監査ルールによる高度な経費管理、および、適正化機能を提供します。 また、オープンプラットフォーム戦略に基づき、2015年9月に提供を開始したApp Center にも対応し、日本交通グループの「全国タクシー」をはじめ、国内外の出張・経費精算関連の外部サービスやアプリケーションと連携し、出張手配や経費明細情報の入力作業など、日本の中堅・中小企業内の非効率な間接業務の自動化を実現します。これにより、中堅・中小企業も大企業並みの「パーフェクトエクスペンス(最高の経費精算体験)」が可能となります。

Concur Standardは中堅・中小企業の限られた人的労力や予算でもスムーズに、短期間での導入を実現するために、セルフサービス型の導入ウィザードを搭載。詳細なマニュアルや、電話によるサポートを行うことで、専門のITスキルなしに導入が可能となります。

また、今後、Concur Standardシリーズを展開する上で、中堅・中小企業にきめ細やかなサービスを提供すべく、ERP / 会計システム連携、旅行代理店、販売、導入・サポート支援に関するパートナー施策も順次展開してきます。

Concur Expense Standardは、今後3年間で400社の獲得を目指します。

コンカーの代表取締役社長である三村真宗は、以下のように述べています。
「コンカーのサービスは世界30,000社以上の導入実績と総額6兆円の出張・経費金額を処理するデファクトスタンダードサービスで、日本でも大企業を中心に520社以上で利用されています。2016年には領収書電子化の規制緩和で日本企業の経費管理改革がさらに進むことを見込み、20年間で培った知見を日本経済を牽引する中堅・中小企業向けに提供し、高度な経費管理実現を支援することで、日本全体の競争優位性確保に向けた貢献をしていきたいと思います。」

Loading next article