ピックアップ記事全ての記事を見る
経理・総務の豆知識
電子帳簿保存法改正でタイムスタンプ付与の要件はどう変わる?仕組みや目的を解説
業務効率化やテレワーク導入を目的にペーパーレス化を進める企業が増えています。しかし、これまで書類の電子化を進めるにはさまざまな規制があり、思ったようには進まないのが現状でした。ただ、電子帳簿保存法は頻繁に改正を重ねられており、2021年の改正(2022年1月施行)で紙書類の電子化要件が緩和され、本格的にペーパーレスを実施できる環境が整いつつあります。本記事では、電子化を進めるうえで障害のひとつとなっていたタイムスタンプについて、そもそもの目的や仕組み、今回の改正でどう変わったのかについて解...

もっと見る

経理・総務の豆知識
インボイス制度の導入と電子帳簿保存法改正が与える請求書業務への影響を解説
2022年1月1日から改正電子帳簿保存法が施行されています。電子帳簿保存法とは、紙での保存が義務付けられていた国税関係帳簿書類(税務関係の帳簿や書類)を電子データとして保存できるようにする法律ですが、今回の改正で保存要件が大幅に緩和されました。また、2023年10月1日からインボイス制度が開始されます。売手が買手に対し正確な消費税率、消費税額を伝えるための制度ですが、これらの法改正により請求書業務が大きく変わろうとしています。本記事では、インボイス制度の導入と電子帳簿保存法の改正が請求書業...

もっと見る

経理・総務の豆知識
インボイス制度における領収書の役割と正しい書き方を解説
従来の「区分記載請求書」から「適格請求書」へと請求書の様式が変わるインボイス制度。2023年10月1日から開始となっていますが、これに伴い、領収書やレシートの扱いも変更になります。そのため、領収書やレシートの役割や正しい書き方を理解していないと、インボイス制度への対応が難しくなってしまうでしょう。本記事では、インボイス制度導入によって変わる領収書、レシートの役割と正しい書き方、注意点について解説します。経理担当者として、領収書、レシートの適切な管理、保存をするための参考にしてください。...

もっと見る

最新の記事全ての記事を見る
経理・総務の豆知識
インボイス制度に対応するメリット・デメリットを解説
2023年10月1日より開始されるインボイス制度は、消費税の仕入額控除を受けるためには、企業規模にかかわらず必ず対応しなければならない制度です。しかし、具体的にどう対応すればよいのか、対応によるメリット、デメリットまでは詳しく把握していない経理担当者もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、インボイス制度の概要について簡単に触れたうえで、対応によるメリット・デメリット、問題点についてお伝えします。来たるインボイス制度への対応を適切に進めるための参考にしてください。...

もっと見る

Press ReleaseJuly 25, 2022
出張・経費管理トレンド
三井住友カードとコンカーの戦略的業務提携 第四弾 【国内初】新幹線区間情報の自動連携を開始へ
~国内出張旅費精算事務の一層の効率化を実現~ 株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村 真宗、以下 コンカー)と、三井住友カード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大西 幸彦、以下、三井住友カード)は、戦略的業務提携の第四弾として、8月末より三井住友カードの三井住友エクスプレスコーポレートカードで、JR東海エクスプレス予約サービスを利用した新幹線の乗車区間や乗車日データ情報を経費精算・管理クラウド「Concur Expense」へ自動連携します。...

もっと見る

Press ReleaseJuly 22, 2022
出張・経費管理トレンド
コンカー、日本最大級のオンラインイベント 「SAP Concur Fusion Exchange 2022 JAPAN」を9月13日から開催
~「Rethink」、企業パーパス再考による、コーポレート・トランスフォーメーションの実現~ 出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、日本最大級のオンラインイベント「SAP Concur Fusion Exchange 2022 JAPAN」を2022年9月13日から4回にわたり開催します。 本年で9回目となる「SAP Concur Fusion Exchange 2022 JAPAN」では、「Rethink...

もっと見る