請求書支払処理の自動化でムダを撤廃 ~4つのポイントと、数字で見る効果~

突然ですが、請求書支払処理にどれだけの時間とコストがかかっていますか?
請求書の突合や請求書管理、支払が遅延してしまった場合に支払う遅延利息などを考えると、結構な時間とコストがかかっているのではないでしょうか?
こういった無駄な時間とコストは、請求書支払処理を自動化することで解決できます。

支払自動化に最適なソリューションとは ~4つのポイント~

単に紙の処理スピードを上げるだけの自動化では、不十分です。
支払処理のプロセスそのものを改善し、ビジネスの成長に柔軟に対応できるソリューションを選ぶポイントは以下の4つです。

  1. 入力の自動化
    OCRや入力代行、電子請求書発行サービスとの連携など、手間のかかる請求書データの入力を自動化することにより、正確かつ迅速に請求書処理が可能になります。
     
  2. 柔軟なワークフロー
    企業が成長するにつれ、購買申請や発注処理が不要な、従業員が主体で購買処理を行うプロセスも増えてきます。
    そういった場合、従業員やその上司が、請求書支払処理の申請・承認を行う必要があります。
    企業の状況に応じて、柔軟にワークフローを設計できることが必要となります。
     
  3. モバイル対応
    いつでもどこでも、請求書の確認、申請、承認作業ができるだけで、請求書支払処理のプロセスを迅速に進めることが可能です。
    これにより、遅延利息の支払いも激減します。
     
  4. 請求書照合・規程チェック
    発注内容と照合することで、請求書での金額違いや二重支払などを防ぐことが可能です。
    また、規程をシステム上で確認することで、迅速かつ確実にガバナンスも強化できます。

お客様が証明したConcur Invoiceの価値

この4つのポイントを網羅した請求書支払処理のクラウドサービス Concur Invoiceを利用することにより、中小企業から大企業に至るまで、様々な企業で効果が得られています。
IDCがConcur Invoiceの利用顧客にインタビューした調査レポート「Concur Invoiceの価値」には、様々な効果やお客様の声がまとめられています。
以下がそのサマリーです。

IDCの全レポートはこちらからダウンロード可能です。

いかがでしょうか?Concur Invoiceで請求書支払を自動化することで、コストのかかる様々な調整や財務報告の遅れを回避できるため、キャッシュフローをより正確に予測、管理することができ、より良いビジネスの意思決定に役立ちます。
請求書支払の自動化、この機会に是非ご検討ください。

 

Loading next article