コンカー、Concur® Invoiceを使った群馬県前橋市における実証実験を開始

~インフォマートと協業し、公立中学校における間接業務の効率化とペーパーレス化を目指す~

 

株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、株式会社インフォマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:長尾收、以下 インフォマート)とともに、Concur® Invoiceを活用した群馬県前橋市における実証実験を開始いたします。

昨今、公立学校における教員の長時間労働が大きな社会問題となっています。学習指導、授業以外での生徒指導、学校運営、渉外対応など多岐にわたる業務の中、事務仕事などの間接業務の業務負荷が大きいのが現状であり、今後の働き方改革実現の必要性が叫ばれています。

今回の実証実験は、群馬県前橋市における公立小中学校を対象に、コンカーの請求書管理クラウド「Concur Invoice」と、インフォマートのクラウド請求書サービス「BtoBプラットフォーム 請求書」を試験的に導入し、業務プロセスの効率化とデジタル化の有効性を検証するものです。

本実験により、従来紙でおこなっていた請求書処理プロセスをデジタル化し、間接業務の負荷削減を進め、教員の働き方改革の実現を目指します。今後、市内の公立学校を統括する教育部局のデジタル化に着手、将来的には、前橋市市役所全体でのデジタル化を目指します。
 
昨今のコロナ禍におけるニューノーマル時代の台頭により、公立学校や市役所などの公的機関における間接業務の業務効率化、デジタル化へのニーズは、今後更に高まることが予測されます。今後も、コンカーは学校法人、中央省庁、地方自治体、独立行政法人、教育機関などの公共機関向けに、SAP Concurソリューションの実証実験環境を提供し、公共機関のデジタルトランスフォーメーションを支援してまいります。

Concur Invoiceについて
Concur Invoiceは、請求書を複合機やスキャナー等で電子化することでの集中管理、承認フローのクラウド上での管理、規程チェックの自動化などの機能を備え、会計担当者・承認者双方における業務負荷を削減します。また、過去に保管された請求書データを検索できるため、監査対応の業務負担軽減や、紙の証憑の保管コスト削減にも貢献します。

■株式会社インフォマートについて
インフォマートは、世界中の企業や人を結ぶことを目指した「BtoBプラットフォーム」を運営しております。企業間取引の“プラットフォーマー”として、様々な業界、業態の企業にインフォマートのサービスを通じて紙から電子化への移行、企業のペーパーレス化を促進し、利用企業数は45社、2019年度年間流通金額は11兆円を超えています。今後も、企業の生産性向上、時間短縮、コスト削減を実現し、売上拡大やペーパーレス化によるECOに貢献し、業界や国の垣根を超えて、世界中の企業や人を結ぶグローバルな「BtoBプラットフォーム」企業を目指します。

Loading next article