「Concur Japan Partner Award 2020」受賞パートナーを発表

~日本企業の間接費改革に貢献した受賞パートナー7社を発表~

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、第5回「Concur® Japan Partner Award 2020」受賞パートナー企業7社を発表しました。

「Concur Japan Partner Award」は、コンカーが推進する間接費改革において、お客様に高い付加価値を提供し、コンカーのビジネスに顕著な貢献をしたパートナー企業に授与されます。本年はトラベル部門での貢献を評価するトラベルパートナーアワードを加え、全7部門にわたり表彰しました。

各賞の受賞パートナー企業は以下の通りです(敬称略)。

最優秀パートナーアワード:日本アイ・ビー・エム株式会社

主に大手企業を対象とした案件の構想策定・業務改革を含めたトータル提案により、2019年度の売上拡大への顕著な貢献を評価。

受賞コメント:日本アイ・ビー・エム株式会社 パートナー
グローバル・ビジネス・サービス事業本部 次世代エンタープライズ・アプリケーションズ事業 SAP会計ソリューション部長 松本 直也 氏

「この度は、二度目の最優秀パートナーアワードに選出いただき、誠にありがとうございます。弊社およびお客様の業務変革やコンカーソリューションの運用で培った経験とノウハウを独自の強みとし、コンカー社とともに、お客様の間接費改革に尽力してきたことをご評価いただき、大変喜ばしく思います。不正検知やOCR連携など、今後もコンカー社およびパートナー各社との連携を強化・発展させ、引き続きお客様の間接費改革に貢献することで、デジタルトランスフォーメーションをご支援できるように努めてまいります」

イノベーションパートナーアワード:日本航空株式会社

国際線航空券精算システムJAL PassAgeで決済した海外旅費データをConcur Expenseに連携することにより、日本企業の海外旅費の可視化と管理強化を推進したことを評価。

受賞コメント:日本航空株式会社 常務執行役員 二宮 秀生 氏

「この度は、イノベーションパートナーアワードに選出していただき、誠にありがとうございます。当社は、国際線航空券の法人向け後払いシステムとして1988年に『JAL PassAge corporate plan(通称 パッセージ)』の運用を開始し、以来30年にわたり多くの皆さまにご利用いただいております。近年、企業ニーズの変化に合わせサービスの拡充を図っておりますが、今後も皆さまの経費精算業務の効率化や生産性向上に貢献できるよう、コンカー社と連携し航空会社ならではの詳細データをご提供してまいります」

コントリビューションパートナーアワード:三井住友カード株式会社

グループ総合力を活かし、中堅・中小マーケットに向けてコンカー×カードの市場拡大を実現。案件創出数を含めた2019年の実績を評価。

受賞コメント:三井住友カード株式会社 執行役員 法人ビジネス開発本部長 沢田 修 氏

「この度は、コントリビューションパートナーアワードに選出いただき、誠にありがとうございます。今後、働き方改革が進むにつれ、大企業のみならず中堅・中小企業においても間接費改革の重要性がますます高まることが予想されます。今後もコンカー社と協働し、市場拡大に向けて一層励んでまいりたいと思います」

プラットフォームパートナーアワード:富士ゼロックス株式会社

コンカーが提唱するオープンプラットフォーム戦略を支える外部連携パートナーソリューションであるApp Centerサービスの中での年間販売実績を評価。

受賞コメント:富士ゼロックス株式会社 エンタープライズドキュメントソリューション事業本部   副本部長 米山 俊治 氏

「このたびは、プラットフォームパートナーアワードに選出いただき、大変光栄に存じます。弊社ではお客様の喫緊の課題である『働き方改革』に対して、様々なテクノロジを利用することにより、その活動にお力添えしております。コンカー社とは、複合機とConcur Expenseを連携したソリューションであるCloud Service Hubを通じて、お客様のお困りごと解決のため、共に尽力しております。今後については、御社との協業を通じ、今まで以上にお客様にご満足いただけるよう努めていきたいと思います」

SMB パートナーアワード:株式会社ジェーシービー 東京支社

首都圏マーケットに対し、営業リソースを効率的に集約し、コーポレートカード×経費精算システムの販売モデルを全面的に推進。中堅・中小マーケットにおける案件紹介数及び案件紹介額での貢献を評価。

受賞コメント:株式会社ジェーシービー 常務執行役員 東京支社長 久保 一郎 氏

「この度はSMB パートナーアワードをいただき、誠にありがとうございます。昨今、電子帳簿保存法の規制緩和や働き方改革が注目され、企業の間接業務効率化のニーズは高まる一方です。このような中、当社はコンカー社との連携やキャッシュレスを通じて企業の生産性向上に資するべく営業活動を実施してまいりました。この結果を評価いただいたこと、大変光栄に思います。2020年は電子帳簿保存制度が見直され、紙の領収書がなくなると、企業を取り巻く環境が大きく変わる可能性があります。今後も、更なる営業力強化を通じて、お客様の間接業務効率化に資する提案をして参ります」

インプリメンテーションパートナーアワード:株式会社NTTデータ・スマートソーシング

導入難易度の高い数々の大型プロジェクトを高い技術力とノウハウでマネジメントし、成功に導いたことを評価。

受賞コメント:株式会社NTTデータ・スマートソーシング 代表取締役社長 和田 泰之 氏

「この度は、インプリメンテーションパートナーアワードに選出していただきまして、誠にありがとうございます。2015年よりコンカー導入事業を立ち上げ、間接費改革に取り組まれるお客様のご要望を実現するために、数多くの導入プロジェクトを推進して参りました。今回ご評価いただいたコンカーソリューション導入のナレッジや実績を強みに、今後もコンカー社と密な連携を取りながら、弊社のもうひとつの強みでもあるBPOソリューションを拡充していくことで、さらなるお客様の課題解決と事業価値の最大化に貢献して参りたいと考えております」

トラベルパートナーアワード:株式会社エイチ・アイ・エス

コンカーとの強固な協業体制をもとにした積極的な営業活動を実施。紹介企業数、受注件数のほか、出張管理ソリューションであるConcur Travelの導入・運用の安定性を評価。

受賞コメント:株式会社エイチ・アイ・エス 取締役上席執行役員 山野邉 淳 氏

「この度は、本賞に選出いただき、誠にありがとうございます。 当社は、企業様のグローバル展開のご支援を始めとした 『販路拡大』の一助となる様、コンカー社と協業しビジネストラベルマネジメントを推進しております。今後とも、基本となる旅費の削減、経費・工数削減等の『課題解決』のみならず、多角的に企業様のビジネスの拡大に、貢献してまいります」

コンカーの代表取締役社長である三村真宗は、以下のように述べています。
「2019年度におきましても、パートナー企業の皆様から多大なるご支援をいただきましたこと、心より御礼申し上げます。幅広い分野において秀でた実績を持つパートナーの皆様と協業できたことを大変嬉しく思います。昨今、ESGsや働き方改革に代表されるように、日本企業を取り巻く環境・価値観は目まぐるしく変化しています。この変化に適応していくためには、間接業務におけるデジタルトランスフォーメーションが今まで以上に重要となります。今後もパートナーの皆様と一丸となり、間接業務のデジタル化を通して日本企業の成長戦略を支援してまいりたいと思っております」

Loading next article