コンカー、AIを活用したOCR技術により、経費精算業務を大幅低減するモバイルアプリの新機能「ExpenseIt®」 をリリース~交通系ICカード読取りアプリの開発着手も発表~

 

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、AIを活用したOCR(光学的文字認識)技術により、スマートフォンで領収書を撮影するだけで、経費精算・管理クラウド「Concur Expense」にデータが自動入力される新機能「ExpenseIt®(エクスペンスイット)」を、SAP® Concur®のモバイルアプリに搭載したことを発表しました。

同時に、交通系ICカード(Suica、PASMO等)をiPhoneにかざすだけで、近隣交通費のデータを読み取り、Concur Expenseに自動入力できるモバイルアプリ(名称未定)の開発に着手したことを発表します。これにより、従来必要だった専用の据置型ICカードリーダー端末を使用せず、iPhoneを使ってエンドユーザーが個々に近隣交通費のデータを直接取り込むことが可能になります。

ExpenseIt概要

ExpenseItは、スマートフォンで撮影した領収書の情報をOCRで読み取り、Concur Expense上での経費精算レポート作成をサポートしてくれるもので、SAP Concurモバイルアプリの新機能として搭載されました。従来は領収書の撮影後、経費明細の入力作業がエンドユーザー側で必要でしたが、ExpenseItを使って領収書を撮影すると、支払先名、経費タイプ、金額、通貨、日付がAIにより自動判別された経費明細データがConcur Expenseに自動で取り込まれます。また、ユーザーが加えた修正内容はクラウドシステムに蓄積され、AIがそれを学習することで、利用を重ねるほどにOCRの自動読み取り能力が向上する仕組みです。本機能は「Concur Expense Professional」および「Concur Expense Standard」と連携して使用することが可能です。

交通系ICカード読取りアプリ概要

従来、交通系ICカードからのデータ読み取りには据置型ICカードリーダー端末が必要でした。本モバイルアプリを、iOS13以降を搭載したiPhoneで起動し交通系ICカードをかざすだけで、利用日・金額・乗降駅といったデータを読み取り、Concur Expense上での経費精算レポートの作成をサポートします。これにより、据置型ICカードリーダー端末の購入・設置をすることなく、いつでもどこでも交通系ICカードのデータを取り込んで電車代、バス代、タクシー代などの精算申請が完了できるようになります。本モバイルアプリは「Concur Expense Professional」および「Concur Expense Standard」と連携して使用することが可能です。なお、リリースは2020年前半を予定しています。

コンカーの代表取締役社長である三村真宗は、以下のように述べています。
「人材不足が叫ばれる今、企業で働く従業員一人ひとりの効率性が今まで以上に重要となっています。今回リリースされたExpenseItをご利用いただくことで、経費精算業務に掛かる手間のさらなる削減が可能となり、従業員の効率性・利便性ならびに企業の生産性のさらなる向上を実現できます。今後、このような機能の拡充を進め、間接業務のデジタル化を推進することで、日本企業の競争力強化に貢献していきたいと考えています」

Loading next article