コンカー、請求書のデジタル化を通じて業務改革の実現を目指す「デジタルインボイス構想」を発表

~第一弾パートナーシップとしてインフォマート、LINEとの連携を発表~

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村 真宗、以下 コンカー)は、デジタル化による請求書業務改革を目指す「デジタルインボイス構想」を発表いたします。

昨年から続く新型コロナウイルス感染拡大に伴い、企業ではリモートワークが推奨される状況が続いています。しかし、企業の経理担当者を対象としたコンカーの調査によると、「リモートワークが推奨される状況下で、請求書業務を理由に出社したことがありますか」という質問に対し、43%の担当者が「多くあった」、32%が「しばしばあった」と回答するなど、請求書業務を担当する経理担当者の多くがリモートワークを実施できていない状況が分かりました。これにより、入力の手間やチェックの形骸化といった請求書業務の従来からの課題に加え、「請求書業務のための出社」という新たな課題が浮き彫りになったといえます。


コンカーは、このような請求書業務における課題を解決するべく「デジタルインボイス構想」を発表します。本構想は、各パートナー企業様との連携を通して、まず請求書のデジタル化による業務効率化、次に経理部門のリモートワークの実現、そして最終的にはデジタルデータを活用した高度な請求書管理とガバナンス強化を目指します。


この「デジタルインボイス構想」を実現するためのパートナーシップの第一弾として、インフォマートのクラウド請求書サービス「BtoBプラットフォーム 請求書」と、LINEのAI文字認証技術「CLOVA OCR」との連携を発表いたします。

■クラウド請求書サービス:「BtoBプラットフォーム 請求書」(株式会社インフォマート)
企業間における請求書の発行と受け取りをクラウド上で行う仕組みで、現在の利用社数は全国で約53万社。取引先からクラウド上で受け取った請求書データをConcur Invoiceへ連携し、データ入力作業やチェック業務の効率化を実現。

■LINEのAI文字認証サービス:「CLOVA OCR(請求書特化型)」(LINE株式会社)

請求書に特化したAI-OCRで、紙やPDFの請求書データを読み取りConcur Invoiceに連携。事前のAI学習や請求書フォーマットなどの設定なしですぐに利用可能で、請求書の手入力業務の工数や項目分類業務の工数を大幅に削減。

株式会社インフォマート 代表取締役社長 長尾 収 氏は、以下のように述べています。
「インフォマートは、企業間取引のデジタル・トランスフォーメーションの基盤を提供する“プラットフォーマー”として、紙業務の電子化への移行とペーパーレス化を通じた企業経営の改革を促進しています。この度、方向性を同じくするコンカー様のデジタルインボイス構想に賛同し、『BtoBプラットフォーム 請求書』を通じて請求書業務のデジタル化を進め、経理部門のさらなる業務効率化につなげたいと考えております。」

LINE株式会社 AIカンパニー CRO / AI事業推進室 室長 飯塚 純也 氏は、以下のように述べています。
「LINEは、ユーザーの皆様の利便性向上と、業務のさらなる効率化を実現すべく、AI技術を活用した機能拡張に積極的に取り組んでおります。データを最大限活用し、お客様の煩わしさを解消するという点において、コンカーの目指すデジタルインボイス構想に強く共感しております。今後、CLOVA OCRとConcur Invoiceの連携を通じて、ユーザー体験と利便性のさらなる向上を目指してまいります。」

コンカー 代表取締役社長 三村 真宗は、以下のように述べています。
「この度、ビジネスキャッシュレス構想に続くデジタルインボイス構想を発表しました。リモートワークの長期化に伴うデジタル化の波の中、紙業務をどこまで削減できるかが今後の企業の成長戦略において大きなキーとなると考えています。今回発表したデジタルインボイス構想の下、請求書管理領域において様々なパートナー様と連携し、企業のペーパーレス化・業務効率化を推進すべくさらなるサービス拡充に取り組んでまいります。」
 

Loading next article