CSR活動:SAP Concur Volunteer for Good @ SAP Concur Fusion Exchange 2018

9月にのべ4,000名を動員し開催したSAP Concur Fusion Exchange 2018の会場にて、ご来場のお客様やパートナー様とともに、弊社のCSR活動とし児童養護施設に暮らす子どもたちへのプレゼントをパッキングする作業ボランティアを実施しました。

作業内容は、お菓子やノート、ペンなどの文房具をパッケージ袋詰めをし、子どもたちへメッセージなどを書くものです。完了したパッケージ800セットは認定NPO法人Second Harvest Japan様を通じて、関東圏内の児童養護施設に暮らす1才~18才までの子どもたちを中心に、無事届けられました。

会場ボランティア

会場にお越しいただいた皆さまの袋詰めボランティアの結果、Tokyo会場では400セット、Osaka会場では150セットが完成、残り250セットを弊社内の社員ボランティアでプレゼント詰めし、それら800セットは、Second Harvest Japan様の運営するKidsCafe(フードパントリー利用者や近隣の子どもたちの為に学習・軽食を提供しているスペース)や児童養護施設、パントリー(個人向け食料支援)、また今年7月に発生した西日本豪雨での被災者(子どもたち)へ配られました。

イベント会場にて本ボランティアにご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。この場を借りて、再度お礼を申し上げます。

認定NPO法人 Second Harvest Japan様からのコメント

「一つ一つ皆さんが協力してラッピングしてくださったことから、メッセージも一つ一つ違うんだよというのも説明して、嬉しそうな様子で「色々入っているね」と子供達も興奮していました。

いつもKids Cafeに来てくれるAくんは「今日は空手行かないでカフェにいる」といっていたんですが、お菓子セットをもらったら、「みんなも頑張っているから僕も空手頑張るぞ〜」といって、お祖母さんと一緒に帰っていきました。

こういったプレゼントとても子供達の気持ちが明るくなるので有難いです。

児童養護施設とは?

現在、日本中に600か所、約30,000人の子どもたちが入所しています。

日本の子どもたちの7人に1人が貧困と言われる今の時代、隠れ貧困と言われ、私たちの周りにも多くの子どもが一日一食や、親から虐待を受ける、心の問題を抱える、進学できないなどの生活を送っています。

弊社のCSR活動として、今後もひきつづきこういった子どもたちの支援できるような活動を継続していきます。

SAP Concur Fusion Exchange 2018 Replayはこちら

コンカーのCSR活動についてはこちら

Loading next article