コンカー、イノベーション創出の拠点 “Concur Labs Tokyo”を開設

~日本発世界に向けたアイディアとイノベーションで新しい顧客体験を提供~

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、米国に次ぐ二つ目のイノベーション創出の拠点としてConcur Labs Tokyoを設立、日本発で世界への発信に向けたイノベーションと新しいワークスタイルの可能性を探求します。

Concur Labsは2016年に米国本社で設立、従来の顧客ニーズからサービス開発を行うアプローチから、先進的なテクノロジーとアイディアを組み合わせたイノベーション主導のサービス開発に切り替えることで、ビジネスパーソンや企業の出張・経費管理における常識を覆す、新しい顧客体験の創出に取り組んでいます。

ビジネスパーソンの低迷する労働生産性の向上と働き方改革に対する需要の高まりと世界最速で成長する日本市場の旺盛な出張・経費管理の需要に応えるべく、先進技術が集積し、高度なサービスレベルも求められる日本にConcur Labs Tokyoを設立しました。性別、国籍、ライフステージ、役職、障害の有無といった個人の属性に捉われないダイバーシティーを重視しつつ、快適な出張・経費のビジネスシーンに最高の顧客体験を提供すべく、日本の技術と世界の技術を組み合わせ、独創的なサービス開発を進めて行きます。

Concur Labs Tokyoで現在検討中、進行中の取り組みは次の通りです。

  • 外部アプリやサービスとSAP Concurのプラットフォームを組み合わせた新しいワークスタイルの提案
  • 機械学習によるSAP Concurに格納された出張・経費に関するビッグデータの分析・活用とプラットフォームの進化
  • AIアシスタントとの音声やチャットツールを通じたSAP Concurの利用
  • VR(仮想現実)によるSAP Concurとユーザーとの双方向コミュニケーションの実現
  • ユニバーサルデザインなどダイバーシティーを重視した新たなサービス開発

コンカーの代表取締役社長である三村真宗は、以下のように述べています。
「働き方改革の流れを受け、出張・経費管理プロセス変革の需要が高まる日本で、イノベーション創出の拠点を持てることを大変嬉しく思います。日本企業や個人の皆様のアイディアと技術をConcur Labs Tokyo に集約しイノベーションを加速させ、出張・経費精算・管理体験を通じて今までにない新しいワークスタイルの提案を行っていきます」

Concur Labs Tokyo 代表である上田純平は、以下のように述べています。
「経費精算のような利益を生まない無駄な業務そのものが無い世界を示し、創造性に溢れ、多様性を重視した提案を広め、構想を実現したいと考えています。社内外の様々なビジョナリーな企業、団体、個人と共に未来を切り拓き、あらゆる人に感動をもたらす理想のサービスを追い求めていきます」

Loading next article