コンカー、Airbnbとの協業範囲を拡大、Airbnbの宿泊施設に直接アクセスできる唯一の法人用オンライン予約ツールに

本リリースは、7月13日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳となります。

~ 出張者の利便性向上と企業のコスト制御・ガバナンス強化を同時に実現 ~

2017年7月13日(ワシントン州 ベルビュー発) -SAPグループ企業で、出張・経費管理クラウドで世界をリードするコンカーは、Airbnbとの協業を強化し、オンライン予約ツール「Concur Travel」上でAirbnbの宿泊プランの閲覧、手配が可能になることを発表しました。

出張者はオンライン予約ツール、Concur Travelを通じて、Airbnbの宿泊プランを直接検索することが可能です。企業は出張者に対し、出張管理プログラムや出張規程範囲内で、柔軟性のある多種多様な宿泊プランを提供することができます。また旅程やeレシートは自動的にコンカーのクラウドサービスに取り込まれるため、経費精算も簡素化することができます。この連携強化により、Concur TravelはAirbnbの宿泊プランに直接アクセスできる唯一の法人用オンライン予約ツールとなります。

Airbnbの利用は年々急激に増加しており、2017年 第2四半期で前年度と比較すると、出張者のAirbnbの宿泊施設利用額は33%増加しています。実際に、230の国・地域で25万人以上のビジネスパーソンがAirbnbを出張で利用しています。Concur Travelは、コスト制御や出張規程・企業要件などコンプライアンスを遵守しながら、出張者とAirbnbをシームレスに接続し、宿泊施設の手配ができるようにします。

コンカーのChief Product Officer、Tim MacDonaldは次のようにコメントしています。
「企業は従業員にAirbnbの宿泊施設を利用させたいと思っています。しかしながら、出張規程の遵守も必須だと考えています。コンカーとAirbnbとの協業で、これが実現します。最初はTripLink、そして今ではConcur Travelに組み込むことで、お客様が望む出張管理と旅程・旅費の可視化を実現、出張管理者の安全配慮義務の遂行も支援します」

Airbnbのビジネストラベル部門Global Head、David Holyoke氏は次のようにコメントしています。
「昨今、出張とレジャー旅行の境界が無くなってきています。私たちの多くが、出張に週末の滞在を組み合わせるようになってきているからです。従業員は出張先の街で文化を吸収したいと考える一方、企業の出張管理者は出張者の経費の可視化が必要であり、企業の安全配慮義務の遂行を支援する必要があります。業界をリードするコンカーのソリューションと連携することで、企業のニーズを満たしつつ、出張者のAirbnbの宿泊施設の手配を容易にすることができ、大変嬉しく思っています」

Concur Travel上でのAirbnbの予約手配は間もなく利用可能になります。詳細については、Airbnbのブログをご覧ください。

本社より発表したプレスリリース

Loading next article