ライオン、間接購買改革の基盤にConcur® Travel & Expenseを採用

~間接業務のデジタルトランスフォーメーションを進め、社員の意識変革を促す~

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、ライオン株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役 社長執行役員:掬川正純、以下 ライオン)の間接購買改革の基盤として、SAP® Concur®ソリューションが採用されたことを発表しました。

ライオンでは、2030年に向けた新経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」実現のため、2018年からの3ヵ年の中期経営計画「LIVE計画(LION Value Evolution Plan)」を策定、海外事業の拡大や経営基盤の強化など4つの戦略を推進しています。経営基盤強化の一つとして「間接購買改革」に取り組み、間接業務のデジタルトランスフォーメーションによる省力化とガバナンス強化、および業務効率化を通した社員の意識変革を目指すべく、新しく出張管理クラウド「Concur Travel」と経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を導入するに至りました。

コンカーの代表取締役社長である三村真宗は、次のように述べています。
「ライオン様の間接購買改革の基盤としてSAP Concurを採用いただいたことを大変嬉しく思います。間接業務における社員の皆様の作業負荷の削減はもちろん、システムの導入による意識変革も大変重要だと考えます。弊社製品で、ライオン様のさらなるグローバル展開・事業拡大を支援させていただければ幸いです」

Concur Travel & Expenseについて
Concur Travel & Expenseは場所や時間を選ばず出張予約からスケジュール管理、経費精算までをスムーズに行い、間接費管理の高度化を実現するクラウドサービスです。Concur Travelを利用すると、従業員は会社の出張規程に即した航空券・ホテルをオンラインで簡単に手配できます。同時に、企業は確認工数を削減しつつ、社員の出張規程遵守を徹底できるため、出張コストの削減およびガバナンス強化など、ビジネストラベルマネジメントの高度化を実現できます。また、Concur Travelでの予約情報はConcur Expenseと連携しているため、従業員の経費精算申請の手間を大幅に削減できます。Concur Expenseではモバイルを使って従業員が外出先から経費精算申請・承認ができるほか、交通系ICカードの乗車履歴や法人カードの利用データの自動連携などを通して経費精算業務を効率化、従業員の生産性向上と働き方改革を実現します。また出張費や立替経費の分析により、経費使用の最適化を促すことで、企業の間接費管理の高度化を実現します。

Loading next article