ブリヂストン、「働き方変革」の実現に向けてConcur® ExpenseをはじめとするSAP® Concurソリューションを採用

~デジタルを活用し、さらなる経費精算業務の効率化を目指す~

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、株式会社ブリヂストン(本社:東京都中央区、代表執行役CEO:石橋秀一、以下 ブリヂストン)の間接費管理基盤として、出張・経費管理クラウド「Concur® Expense」をはじめとするSAP ® Concurソリューションが採用されたことを発表いたします。

ブリヂストンは、「2050年にもサステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ」というビジョンを掲げ、社会からの期待に応え、中長期事業戦略を実現していくために、イノベーションでソリューションを実現する取り組みを進めています。その中で今回、最新テクノロジーを活用した業務の最適化を進め、社員の「働き方変革」を実現すべく、SAP Concurソリューションの採用に至りました。なお、本導入と同時に、10月1日付で施行された改正電子帳簿保存法に即した運用を開始し、完全テレワーク実現とさらなる業務効率化を目指します。

キャッシュレス決済の際に受領するデジタルデータでの利用明細を所定の方法にて保存することで、紙の領収書もしくは電子領収書を受領・保存しなくても良いということが明示されたもの。消費税法における仕入税額控除の観点から、現行では税込3万円未満のものに限る。

Concur Expenseを使用することで、データの自動連携による入力作業の効率化、人的ミス防止を実現するほか、モバイルアプリを活用することでテレワークでも経費精算作業を行うことが可能になります。加えて、改正電子帳簿保存法に即したルールでの運用の下、デジタルデータを紙の領収書の代替とすることで、紙の領収書を削減、領収書や付随する書類を保管していたスペースの維持管理費などの削減に繋げます。

本ソリューションは、2021年7月を目途にブリヂストンの全従業員約14,000名が使用予定です。同時に改正電子帳簿保存法への対応も進め、デジタル化を活用した働き方変革を推進します。また、将来的には経費精算業務だけでなく、請求書処理業務のデジタル化も継続検討していく予定です。

コンカーの代表取締役社長である三村真宗は、次のように述べています。
「今回、ブリヂストン様にSAP Concurソリューションを採用いただいたことを大変嬉しく思います。10月より施行された改正電子帳簿保存法と弊社のConcur Expenseをご活用いただくことで、従来以上に利便性が向上します。ブリヂストン様の『働き方変革』推進における一助となれば幸いです。」

Loading next article