コンカー、タクシー配車アプリ「S.RIDE」との連携を開始

~タクシー利用明細をConcur® Expenseに自動連携、経費精算の効率化へ~

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、みんなのタクシー株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:西浦賢治、以下 みんなのタクシー)が提供するタクシー配車アプリ「S.RIDE®」とConcur Expenseの連携を9月19日より開始します。

コンカーは、ビジネスパーソンの利便性と生産性の向上や企業のガバナンス強化を目指す「ビジネスキャッシュレス構想」を掲げ、様々なサービスや決済手段との連携や関連法の整備に向けた働きかけに取り組んでいます。その一環として、外部サービスとの連携を通じ、経費や請求書の支払・管理に係る一連のプロセスを効率化する「SAP® Concur App Center」のサービスの拡充を進めています。

S.RIDEは、都内最大規模となる1万台以上のタクシー車両を保有、Simple、Smart、Speedyな乗車体験を提供し、ワンスライドすることで東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができるタクシー配車サービスです。S.RIDEアプリ上でクレジットカードやApple Payを事前登録することで、キャッシュレス支払いにも対応しています。

今回のサービス連携により、S.RIDEアプリで決済されたタクシーの利用明細と明細情報が自動でConcur Expenseに連携されます。これにより、経費精算の際にタクシーの利用日や金額などを入力する必要がなくなり、経費精算に掛かる時間が大幅に短縮され業務効率化に寄与します。

サービス概要みんなのタクシー 代表取締役社長 西浦賢治のコメント
「Concur Expenseとの連携により、経費精算業務負荷の大幅低減につながることから、ユーザーにS.RIDEをより便利にご利用いただくことが可能となりました。今後もS.RIDEは、安心・安全・快適な移動体験の提供を通じて、豊かな社会につながるモビリティサービスを追求していきます」

コンカー 代表取締役社長 三村真宗のコメント<
「今回、S.RIDEとの連携により、ユーザーの方々の利便性の向上と、経費精算業務の手間のさらなる削減を実現できることを大変嬉しく思います。今後も業務のデジタル化を進めて日本企業の競争力強化に貢献すべく、有益な機能拡充に向けて、パートナー企業様と取り組んでいきます」

■みんなのタクシー株式会社について
みんなのタクシーは、安心・安全・快適な移動体験の提供を通じて社会インフラへ貢献する理念を持つ、都内タクシー事業者、及びソニーグループの合弁企業です。タクシー配車アプリ「S.RIDE」や決済代行サービス、後部座席広告事業、需要予測サービス等を提供しています。
S.RIDEの詳細についてはS.RIDEサービスサイト:https://www.sride.jp/
S.RIDE Facebookページ:https://www.facebook.com/S.RIDE.TAXI をご覧ください。

 

連携紹介動画はこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=KBSK27_PHUo&feature=youtu.be

Loading next article