コンカー、『できるConcur Expense(特別版)』を発刊

規制緩和を受けて強まるスマホでの領収書電子化ニーズに対応

利用ユーザへ製品画面やイラストで分かりやすく解説、ユーザー満足度の向上へ

 

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三村 真宗、以下 コンカー)は、『できるConcur Expense(特別版)』を発刊しました。生涯52日を経費精算に費やす日本のサラリーマンの生産性向上と働き方改革を実現すべく、Concur Expenseの操作方法をレッスン1からレッスン11まで、実際の利用画面とイラストで分かりやすく解説します。

 

書籍概要

できるConcur Expense      書 名 : できるConcur Expense クラウド経費精算版

発 行 : 株式会社インプレス

企 画 : 株式会社コンカー

編 集 : できるシリーズ編集部

仕 様 : B5変型判、26ページ

価 格 : 無償(書店では販売しておりません)

提供方法: コンカー、または担当営業までご連絡ください。

章立て

  • レッスン1: Concurを導入しよう
  • レッスン2: Concurを使用するには
  • レッスン3: 経費精算するには
  • レッスン4: 交通費を精算するには
  • レッスン5: 出張経費を精算するには
  • レッスン6: 交際費を精算するには
  • レッスン7: 外出先で経費を精算するには
  • レッスン8: 出張を楽にする便利なサービスを使うには
  • レッスン9: 経費精算レポートを提出するには
  • レッスン10:承認者が経費をチェックするには
  • レッスン11:経理が経費を管理するには

 

本書籍に関し、コンカーの代表取締役社長である三村真宗は次のように述べています。

「スマホでの領収書電子化を実現する規制緩和を受けて、経費管理などの業務負担削減へのニーズが高まっています。当社のConcur Expenseを導入いただいた場合、全社員が利用ユーザとなるケースが多く、お客様からわかりやすい操作マニュアルを求める声が多く、『できるConcur Expense(特別版)』として発刊していただきました。本マニュアルを通じてConcur Expenseへの満足度が高まり、日本人の働き方改革への一助になることを期待しています」

Loading next article