センコーグループホールディングス グループ間接費管理基盤として、新たにSAP Concurソリューションを導入

~改正電子帳簿保存法にも対応しペーパーレス化と業務の標準化・スリム化を実現~

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村 真宗、以下 コンカー)は、総合物流のセンコーグループホールディングス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:福田 泰久、以下 センコーグループ)のグループ間接費管理基盤としてSAP® Concur®ソリューションが採用されたことを発表いたします。

センコーグループの経理事務業務では、戦略会計システム導入から約20年、紙による明細の作成や複数の管理部門によるハンコ承認などのアナログ業務が一部継続されてきました。しかし、昨今のデジタル技術の発展や新型コロナウイルス感染症の拡大を背景に、より生産性の高い仕事のあり方や、社員各自が持ち味を発揮し、多様な人材としての活躍を推進する「働き方改革」が求められています。

センコーグループは、このような世相の変化に対応するべく、グループ全体に波及効果が見込めるDX(デジタルトランスフォーメーション)施策を策定しました。そのDX施策の第一弾として、昨年10月からSAP Concurソリューションを稼働させ「旅費・経費精算業務改革」を行っています。具体的には、改正電子帳簿保存法に対応した領収書などのデジタル保存で、ペーパーレス化と経費精算業務の標準化・スリム化に向けて取り組んでいます。また、データを分析・可視化することでグループのガバナンス強化を目指しています。

本ソリューションは2021年10月にグループ内53社、2022年2月には20社で利用開始しており、今後、国内グループ各社へも順次展開する予定です。

<主な導入効果>

Loading next article