コンカー、「働きがいのある会社」若手ランキング(中規模部門)にて 2年連続の1位を獲得

~総合ランキング、女性ランキング、若手ランキングの全てで1位を獲得~

出張・経費管理クラウドのリーダー、株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、Great Place To Work® Institute Japan(本社:東京都品川区、代表取締役:荒川 陽子)が発表した2021年版日本における「働きがいのある会社」若手ランキング、従業員100〜999人部門において2年連続の1位を獲得しました。

同ランキングは、Great Place To Work® Instituteが主催する世界最大規模の従業員意識調査で選ばれた「働きがいのある会社」ランキングのベストカンパニーの中から、特に若手の働きがいに優れた企業を選出したものです。「34歳以下の従業員アンケートの結果」「若手従業員が活躍するための企業施策・プログラム」「若手従業員比率などの基本会社データ」の3つの観点で選出されています。

■コンカーにおける若手社員の働きがい

コンカーでは、自主的に手を挙げれば任せてもらえる社内風土があり、20代~30代前半の若手社員がいきいきと働ける環境が整っています。例えば、新卒1年目の社員を対象に、日報の書き方やタスク管理の方法など社会人としての基礎をレクチャーするタスクフォース(全社横断プロジェクト)は新卒2年目の社員の発案により発足しました。職位関係なくあらゆる関係性においてフィードバックし合う、さらにお互いの業務に感謝し合う、そして自分が得た知識や経験を教え合う、といったコンカー独自の文化が、若手社員の職場における成長を支えています。

■新入社員を支える様々な制度

年齢や職歴を問わず、入社間もない社員には同じ部署から「メンター」を任命し、社内に馴染めるようサポートをしており、新入社員の素早い立ち上がりに貢献しています。2020年からは他部門からもメンターを任命する「他部門メンター制度」を開始。リモートワーク下で自身の所属部署以外の社員との交流が減る中、他部署ならではの視点から気付きや助けを得られるきっかけを提供しています。

■社員の成長機会の最大化

「社員の成長は会社の成長」という考えのもと、マネージャー育成制度、キャリアカウンセリング、留学のための休職制度、インターナルジョブポスティング制度を設けています。インターナルジョブポスティングでは、部門間異動を希望する社員が、自分の上司に相談せず話を進められる制度で、これにより様々なキャリアアップの選択が可能になります。

本受賞に関し、コンカーの代表取締役社長である三村真宗は次のように述べています。
「『働きがいのある会社』ランキング中規模部門において4年連続での1位という順位に加え、女性部門・若手部門でも1位に選出いただき、大変光栄に思っております。『働きがいは経営戦略である』という考えのもと、社員の『働きがい』に重点を置き、会社全体で真剣に取り組んできた結果だと考えています。今後も、社員の働きがいをさらに高めるべく、新たな施策にも意欲的に取り組んでまいりたいと思っております。」

■Great Place To Work® Instituteによる世界最大規模の従業員意識調査「働きがいのある会社ランキング」

Great Place to Work® Institute は、「働きがいのある会社(Great Place to Work®)」に関する調査・評価・支援を行う専門機関です。「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査し、各国の有力メディアで「働きがいのある会社ランキング」を発表しています。調査には、毎年約60カ国で7,000社、500万人を超える従業員が参加しており、世界最大規模の従業員意識調査となっています。

本賞に関する詳細は下記URLをご参照ください。

2021年版「働きがいのある会社」若手ランキング:https://hatarakigai.info/ranking/young/2021.html

Loading next article