クリエイターが語るレシートモンスターと経費精算

コンカーでは「経費精算をなくそう」をメインメッセージとして、2019年12月16日よりタクシー広告を皮切りに広告キャンペーン「レシートモンスターをやっつけよう!」を開始しています。

今回はレシートモンスターの生みの親である眞鍋 海里(まなべかいり)さんにお話をお伺いしました。

 

今回、経費精算という地味な業務のクリエイティブの依頼にどんな感想を持ちましたか?

 

眞鍋:私も経費精算の被害者なので、正直にやりたい!と思いました。

自分は仕事の関係で九州と東京の2拠点生活をしているので、打ち合わせや撮影など毎月とんでもないくらいの移動があり、大量の領収書をもらいながら全国を飛び回っています。お仕事の当初はビデオを作りたいという話だったと思うのですが、お話をお伺いするうちに、やりようによっては世論の風を掴んでこの波をさらに大きくできるのでは?と直感的に思いました。

 


(眞鍋 海里 氏 - BBDO J WEST コンテンツプランナー / インタラクティブプランナー)

 

経費精算という業務にどんなイメージを持っていますか?

 

眞鍋:正直、私はいったい何をしているのだろう、、、と思います。

財布の中、机の引き出しの中、精算されていない領収書でいっぱいです。仕事で使うお金なのに、なぜか一度個人で立て替え、忙しい人ほど作業は増えていく、全く不合理な仕事だと思います。そもそもこれは“仕事”なんですかね?自分のお金を取り戻すためにイヤイヤやってる作業というか。。。

 

レシートモンスターはどんなヤツですか?

 

眞鍋:見かけはキモかわいいですが、とても恐ろしい存在、社会から駆逐されるべき存在です。

ビジネスマンたちの超忙しい月末に遠慮なく襲いかかってきます。生みの親ではありますが、このモンスターたちはかわいいからって愛してはいけません。私たちにとって邪悪の存在なので愛しすぎず、程よい距離感で今後の展開を考えています。

 

本名:Receipt “Proof” Expense 通称 : プルーフ 出身:パンパンになったお財布の中
身長 / 体重 : 2m / ひみつ 好きな言葉 : 「HEAD BACK TO OFFICE OR SAP CONCUR?」

 

コンカーという会社、スタッフをどのように評価されますか?

 

マーケティング部門の方とのやりとりがほとんどですが、直近のキャンペーンの成功ではなく、中長期のブランドの成功を意識されている方が多いと思います。

言葉で言うのは簡単ですが、ここに共通の価値観を持っているクライアントさんはあまり多くはありません。「クライアントではなく、ブランドのために仕事をする。」それは、しっかりブランドに向き合っているクライアントさんだから、できることです。

ともに同じゴールを見て仕事ができることを、いち広告クリエイターとしてありがたく思っています

 

最後に「経費精算をなくそう」とする取り組みにメッセージをください。

 

眞鍋:ぜひ、非生産的な経費精算から私を開放してください!(笑)そのためにも全力でお手伝いさせていただきます!

Loading next article