Yosuke Noda からの最新記事
バックオフィス・ヒーローズ
第11話 - 収益認識基準では返品の見積を考慮した売上計上が必要に - 公開道中「膝経理」
こんにちは、有限会社ナレッジネットワーク 公認会計士の中田清穂です。 前回の「割賦販売の延払基準の廃止」に続いて、今回の連載のテーマは「返品の見積を考慮した売上計上」です。前回に続き、将来的に発生することが予測される売上の変動について、どのように収益認識をすればいいのかについてお伝えしていきます。 プロローグ

もっと見る

わたしたちについて
働きがいのある会社 Great Place To Work受賞5社で勉強会を開催
働きがいのある会社ランキングで入賞している5社(ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ様、freee様、gcストーリー様、マルケト様、コンカー)合同で、各社の働きがいを高める取り組みをオフィス訪問して学ぼうという目的のもと、持ち回りで勉強会を開催しています。...

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
第10話 - 収益認識基準への改正で割賦販売の延払基準が廃止に - 公開道中「膝経理」
こんにちは、有限会社ナレッジネットワーク 公認会計士の中田清穂です。 前回の連載のテーマは、「ポイント引当金の廃止」でした。各社が発行しているポイントカードやクーポン券などは、所有者である顧客に利用された段階で生じる将来の負債です。これら引当金をどのように処理すればいいのかについてお伝えしました。...

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
第9話 - 収益認識基準の影響で、付与したポイントの引当金計上は大幅見直し - 公開道中「膝経理」
こんにちは、有限会社ナレッジネットワーク 公認会計士の中田清穂です。 2019年最初のテーマは、「付与したポイントの引当金計上の見直し」についてです。まだどうしても違和感を持つかもしれませんが、未来のポイント使用は売上からの直接控除が義務になります。 昨年、複数回にわたって新しい収益認識基準についてお伝えしてきました(前回はこちら)。体系的な考え方に触れてきましたが、今回から数回、個別の論点を深掘りしていきたいと思います。

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
第8話 - 見逃せない、収益認識基準が法人税・消費税に与える影響とは? - 公開道中「膝経理」
こんにちは、有限会社ナレッジネットワーク 公認会計士の中田清穂です。 ここしばらく収益認識基準について解説してきましたが、読者の中には非上場企業にお勤めであったり、中小企業の経営者だという方がいらっしゃるはずです。「非上場企業や中小企業の人間には、収益認識基準の話は関係ない」と決めつけて、このコラムを読んでない方もいらっしゃったかもしれません。...

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
ユーザベースCFO 村上未来氏 - 仕事に全力でコミットすることがキャリアをつくる - The Road to CFO
事業の急成長を実現している企業でも、会計・経理などのバックオフィス強化や間接業務のプロセス標準化が遅れると、内部崩壊の危機に陥ることがあります。成長を止めず、さらに加速させるために、企業のバックオフィスが果たす役割は想像以上に大きいものです。成長の壁を乗り越え、成果を上げ続けている企業のCFO(最高財務責任者)は、どんなキャリアを持ち、何に取り組んでいるのでしょうか。 Back Office...

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
第7話 - 収益認識基準における売上計上への5つのステップとは?(その3) - 公開道中「膝経理」
こんにちは、有限会社ナレッジネットワーク 公認会計士の中田清穂です。 第5話、第6話と続いて、収益認識基準における売上計上の5つのステップ「契約の識別」「履行義務の識別」「取引価格の算定」「取引価格の配分」「収益の認識」について解説してきました。 収益認識基準を徹底的に理解していただくにはまだまだ解説が必要ですが、経理が社長に説明するに十分な理解ができるよう、今回まででお伝えできたつもりです。

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
RPAは味方か敵か?経理財務部門に求められる今後の“変化”と“未来の数字”(前編)
経理財務業務の課題解決を目的としたコンサルティングに従事する中田清穂氏。最近はRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)導入に向けたセミナーを多数開催されています。 数々の事例を見てきたからこそ、「RPAに限らず、現場のIT活用を推進できる経理財務部門や担当者には特徴がある」と中田氏。変革を遂げられない原因を探ると共に、RPAとの向き合い方についてうかがいました。 中田 清穂(Nakata...

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
RPAは味方か敵か?経理財務部門に求められる今後の“変化”と“未来の数字”(後編)
経理財務業務の課題解決を目的としたコンサルティングに従事する中田清穂氏。最近は、RPA導入に向けたセミナーを多数開催されています。 RPAに限らず、現場のIT活用を推進できる企業や、経理財務担当者の特徴についてうかがった前編に続き、後編では、経理部門および担当者がバックオフィスのヒーローになるためのヒントと、改めて会計という仕事の魅力についてうかがいました。 中田 清穂(Nakata...

もっと見る