株式会社日本M&Aセンター

営業が生む月1,000枚以上の経費精算書をSAP® Concur®でペーパーレスに 分析も進めガバナンス強化に寄与

1991 年の創業から、中堅・中小企業のM&Aに取り組んでいるのが株式会社日本M&Aセンターだ。現在は、東京本社を中心に国内7拠点、アジアに5箇所の拠点を構え、多数のM&Aを手がけている。好調な業績を支えるための人員の急増で経理業務が増大していることや、2022 年からの電子帳簿保存法への対応などを控え、経費精算システムの刷新と業務効率化が急務となっていた。そこで同社はSAP Concur を導入し、紙の証憑の完全ペーパーレス化を企図し、全社展開へ向けて導入プロジェクトを推し進めている。

事例の詳細は資料をDLしてご確認ください!

 


SAP Concur を選択した理由

  • 業績向上と社員数増により膨大となった経理業務への対処が急務
  • 電子帳簿保存法に対応可能なシステムへの刷新
  • 経費の詳細な分析で、経理業務の改革を推進

今まで経費利用の統制が取りづらかったのですが、SAP® Concur® のレポーティング機能で経費分析を進めて、ガバナンスの強化を目指したいと思います

- 株式会社日本M&Aセンター 経理部 経理課 上席課長 寺田直裕氏


業種

コンサルティング

従業員

901名(2021年9月現在)

地域

東京,日本

利用製品

Concur Expense 経費精算
Concur Intelligence 分析レポート
Concur Invoice 請求書管理
Concur® Audit Services
Concur® Request

利用可能な事例資料