導入のご相談: 03-4570-4666

株式会社IDCフロンティア

経費管理システムをクラウド化、持たざる経営を実践。約2割の工数削減効果を見込む

2015年12月9日 株式会社コンカー 発信プレスリリースより

出張・経費管理クラウドのリーダー Concur Technologies, Inc. (本社:米国ワシントン州)の日本法人である株式会社コンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三村真宗、以下「コンカー」)は、株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中山一郎、以下「IDCフロンティア」)が全社経費管理基盤としてクラウド型経費管理システム Concur Expense を本番稼働したと発表しました。

IDCフロンティアは Yahoo! JAPAN グループの戦略的子会社として首都圏、東日本、西日本で大規模データセンターと高速大容量のネットワークを基盤に、セキュリティや運用監視を含む高品質のデータセンターソリューション、クラウドサービスおよびビッグデータの分析プラットフォームを展開するITインフラプロバイダーです。

お客様企業の未来を支えるイノベーションパートナーとして、世界最速クラスで作成できるクラウドサーバー、世界最高クラスのサービス品質を提供しつづけるためにバックオフィスの生産性向上が求められていました。

Concur 導入前はシステム部門と業務部門で分担管理していましたが、クラウド型エコシステムである Concur へ移行することにより管理を業務部門に集約し、年間で約2割の工数削減を見込んでいます。また Concur Expense が持つ機能性とユーザビリティー、および、出張・経費精算に関わる様々なサービスと柔軟に連携するオープンプラットフォーム戦略を高く評価し、今後のサービス拡充による価値向上に期待しています。


コンカーの代表取締役社長である三村真宗は、以下のように述べています。 「国内最大級のITインフラプロバイダーである IDCフロンティア様の経費管理基盤として Concur が採用されてことを喜ばしく思います。同社が掲げる世界最高クラスのサービスを提供を支援すべく、利益率の向上と従業員の生産性向上といった観点からご支援させていただきたいと思います。」



業種

情報サービス

従業員

400名

地域

東京、日本

利用製品

Concur® Expense