お問い合わせ
03-4570-4600
03-4570-4600
Receipt Monster

中堅・中小企業向け
サービスもご用意!

製品詳細・デモ動画はこちら

詳しく見る

中堅・中小企業向けサービスもご用意!

製品詳細・デモ動画はこちら

詳しく見る

Receipt Monster

サッポロホールディングス株式会社

SAP Concur により、 業務負担軽減やテレワークを推進。 全社一丸の改革で紙プロセスから脱却へ!

本事例の内容

  • 外部環境の変化を追い風に、紙ベースの経費精算の業務改革に着手
  • Auditサービスにより、ポイントを絞った確認・承認も実現

  • サッポロホールディングス株式会社(以下、サッポロホールディングス)は、ビール・発泡酒・新ジャンル・ワイン・焼酎などの製造販売、洋酒の販売を行う飲料メーカーだ。

    同社では、「シンプルでコンパクトな企業構造の確立」を目的にグループ全体の活動としてBPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)の取り組みを進めている。その一環として、営業部門に「時間がかかっている業務」についてのヒアリングを実施した結果、経費精算についての意見が多く上がったことから、優先順位を上げ改善に向けて取り組むこととなった。

    グループ執行役員 経理部長 松出義忠氏は「サッポロビール株式会社(以下、サッポロビール)では各営業担当者が接する顧客数が多く、交通費や飲食費の立替精算が多く発生していました。従来は、PCで申請したのちに伝票を印刷、証票を糊付けして申請する紙ベースでの運用だったため、帰社しないと処理ができず、承認まで時間がかかっていました。その結果、従業員の経費立替負荷にもつながっている状況でした。しかし、現在はスマートデバイスを活用し、外出先からもできる業務が増えていますし、経費精算の領収書原本保管に関する制度も変化していたことから、旧態依然とした経費精算業務の改革に着手する絶好のタイミングと判断し、新たなシステム導入に向けた検討を開始しました」と当時を振り返る。

    この先はぜひ事例でご覧ください!


「部分で見ると不便になるかもしれないが、全体では効率化していくということを伝え納得してもらうことができました。実際、運用後はメリットの方が大きいと感じています」
サッポロホールディングス株式会社 グループ執行役員 経理部長 松出義忠氏


業種

食品・飲料

従業員

連結:7,736名(2019年12月31日現在)

地域

東京

利用製品

Concur Expense 経費精算
Concur Intelligence 分析レポート
Concur® Service Administration
Concur® Audit Services

利用可能な事例資料