株式会社リジョイスカンパニー様

オープンプラットフォーム構想で「経費精算をなくす」というコンカーのビジョンに期待、デジタルシフトのトップバッターに

 

SAP Concur を採用した理由

  • 様々なサービスと連携する「オープンプラットフォーム構想」
  • 紙・Excelベースのアナログ業務からデジタルへの変換
  • 入力レスによる生産性向上・ガバナンス強化
  • 税制改正への対応


株式会社リジョイスカンパニー(以下、リジョイスカンパニー)は医療機関向けにアウトソーシング業務を展開している会社です。同社では紙・Excelでの経費精算申請、小口現金による経費支払いなど、手間のかかるアナログ業務からの脱却、経費使用の可視化によるガバナンス強化を目的に、システム化を検討。様々なサービスと連携して入力レスを実現し、「経費精算のない世界」をビジョンに掲げるコンカーに期待して、経費精算に「Concur Expense Standard」、請求書管理に「Concur Invoice Standard」を導入しました。

小口現金や紙・Excelでの経費精算や請求書管理。アナログ業務からの脱却で生産性向上を目指す

リジョイスカンパニーでは、経費申請書をExcelで作成、領収書を糊付けした台紙と一緒に紙を回覧するといったアナログな経費精算処理を実施していました。手入力や紙の処理が必要な申請者側の負担もさることながら、経理部門においても、内容を目検で確認する手間に加え、小口現金の運用も行っていたことから、負担が大きい事が課題でした。

企業の成長・従業員数の拡大に伴い、経費規程の確認や経費利用の実態把握もより複雑になることが想定されることから、経費業務のプロセスを改革し、生産性向上、ガバナンス強化を図るため、システム化の検討を開始しました。

法人カードをはじめ、様々なサービスと連携。「経費精算をなくす」のビジョンに共感しSAP Concurを採用

経費精算システムを検討した結果、法人カードや交通系ICカードなどのキャッシュレス決済をはじめ、様々なサービスと連携し入力レスを実現、承認業務の負担も軽減できる事、またコンカーの「経費精算業務を削減する」ではなく、「経費精算をなくす」をビジョンに掲げた取り組みを評価し、SAP Concurの採用を決定。税制改正に対応したペーパーレス化を実現するために、経費精算に「Concur Expense Standard」、請求書管理に「Concur Invoice Standard」の導入を決定しました。価格についても「コンカーは高い」というイメージがあったものの、実際は他社と比較しても大きな差が無かったことも決めての一つとなりました。

SAP Concurをデジタルシフトのトップバッターに。アナログ業務からの脱却を体現

リジョイスカンパニーで会社の中核を担う150名の従業員を対象にSAP Concurを導入。SAP Concurをデジタルシフトのトップバッターとして、社員一人ひとりの意識改革も含め、会社全体のアナログ業務からの脱却を推進していきます。


業種

医療

従業員

3270

地域

東京,日本

利用製品

Concur Expense 経費精算
Concur Intelligence 分析レポート
Concur Invoice 請求書管理