お問い合わせ
03-4570-4600
03-4570-4600
Receipt Monster

中堅・中小企業向け
サービスもご用意!

製品詳細・デモ動画はこちら

詳しく見る

中堅・中小企業向けサービスもご用意!

製品詳細・デモ動画はこちら

詳しく見る

Receipt Monster

日本航空株式会社

SAP® Concur®で働き方改革を実現へ。 重視したポイントはテレワークへの貢献

本事例の内容

  • 老朽化したシステム刷新のため、航空会社における実績が豊富なSAP Concur を選択
  • テレワークへの貢献という定性効果を大きく評価

  • 日本航空株式会社(以下、日本航空)は航空運送事業を中心に、多数の事業を展開している。

    同社では、2002年ごろに自社開発の経費精算システムを導入し、長年にわたって運用してきた。そうした中、2018年秋に出された社内IT基盤に関する中期計画により、老朽化した従来のシステム基盤の利用期限が2021 年3月までに設定され、システム刷新が急務な状況となったという。

    経理部資産会計グループ アシスタントマネジャー 谷口聡氏は当時について、「古いシステムということもあり手入力部分が多く、入力ミスが多発したりデータ分析ができなかったりといった問題を抱えていました。そこで、当社では新たな経費精算システムの導入を決断し、まずは従来システムにおける課題を『働き方改革』『ガバナンス向上』『業界動向への対応』の3つに分類し、これらを解決するため、国内・グローバルの航空会社における実績が豊富なSAP® Concur®を2018年末に選定しました」と振り返る。

    続きはぜひ事例でご覧ください!


「最初から100点のシステムを作ることは難しいと思います。それよりも、90点のシステムでいいので、サービスイン後のチューンアップに注力することが重要です」
日本航空株式会社 経理部資産会計グループ アシスタントマネジャー 谷口聡氏


業種

航空

従業員

連結:35,653名(2020年3月現在)

地域

東京

利用製品

Concur Expense 経費精算
Concur Intelligence 分析レポート
Concur® Service Administration
Concur® Request
User Support Desk

利用可能な事例資料