令和2年度税制改正!キャッシュレス決済で経費精算に領収書がいらなくなる!?

 令和2(2020)年10月1日より、改正された電子帳簿保存法が施行され、キャッシュレス決済で受領した利用明細のデジタルデータ(以降「デジタル明細」)を、一定の条件のもと保存しておくことで、領収書の受領が不要になりました。 

これにより企業の生産性がさらに向上されることが期待されます。
 

・どのような利用明細データが代わりになるのか?
 

・利用明細データを活用することによって削減が考えられる業務とは?
 

・そして、Concur Expense の対応部分とは?
 

以上のポイントをどこよりも早く詳細に解説! 

是非ご覧ください。