統計データから見る日本のサラリーマンと「経費精算」の関係

 月々の「経費精算」はサラリーマンが避けて通れない恒例行事のひとつです。日本では「紙の領収書」を軸とした手作業中心の経費精算がまだまだ主流ですが、これは欧米企業にはほとんど存在しない業務だということをご存じでしょうか?

 コンカーでは、あまりにも長く日常的に行われ、その非効率性に気づく機会がなかった「サラリーマンと経費精算」の関係に注目し、アンケート調査を行いました。

 そこで明らかになった実情と問題点を掘り下げ、スライドストーリーで資料に分かりやすくまとめました。


資料に掲載された経費精算の実態例

  • 生涯で経費精算業務に〇〇日を浪費
  • 領収書糊付けに〇〇日を浪費
  • 電子帳簿保存法の規制緩和によるコスト削減の期待効果は日本全体で1.9兆円
  • 〇〇%が経費の不正使用を経験

 経営者、経理、総務、営業など、それぞれ立場の違う社内のメンバーが、数字をベースに、経費管理および経費精算業務の見直しを議論することができます。ぜひ、本資料をご覧ください。


※本資料は、予告なく公開を中止する可能性があります。ご了承ください。

制作: NewsPicks Brand Design