導入のご相談: 03-4570-4666

AMI-Partners調査レポート:中堅中小企業でのオートメーション導入がもたらす理想的な支出管理と業績の向上

絶え間なく変化するビジネス環境において、会社の支出管理は、CFOや経理部門のトップにとって悩ましい課題です。
会社の成長とともに従業員数、取引先企業が増えれば、それだけ追跡・管理しなければならない経費が増え、複雑化を増していきます。
経費、出張、請求処理をオートメーション化すれば、組織内での金銭の流れを正確かつ確実に把握できるようになります。規模、立地、業種を問わず、あらゆる企業にとって、オートメーションは効率を改善し、経費を削減し、従業員の満足度を高める簡単かつ効果的な方法です。

本レポートでは日本を含む5カ国で事業を展開する中堅中小企業420社をターゲットに、オートメーションを導入している企業とそうでない企業へアンケートを実施しました。

会社の純利益を伸ばすためにも、従業員の満足度を向上するにも、オートメーションが何故必要なのか?ぜひ調査レポートをご覧ください。

[目次]

  • エグゼクティブサマリー
  • ビジネスを取り巻く状況 – よりよい経費、出張および請求書管理のニーズを左右する主な動向
  • 従来のやり方は煩雑で非効率的
  • オートメーションソリューションが支出の可視性、従業員満足度およびコスト節約効果を向上させる
  • 将来のソリューションを選ぶ際に考慮すべき重要なポイント