導入のご相談: 03-4570-4666

調査レポート:コネクテッド・ジャーニー 今求められている出張管理の高度化とは

出張プロセスをクラウド化し、あらゆるサービスと連携することで、出張コスト削減、ガバナンス強化、出張者のリスク管理が実現します。

出張プロセスは飛躍的に進化すると同時に、グローバルビジネスにおける命綱といっても過言ではありません。そんな中、最新の出張プロセスを取り入れ、出張管理を高度化することは非常に重要です。

IDCの調査レポート「コネクテッド・ジャーニー 今求められている出張管理の高度化とは」によると、クラウドベースの出張・経費管理システムを取り入れることで、企業は2020年までに278百万ドル(約3億円)削減可能と言われています。クラウドと連携することは、管理者にとっても、以下のような事を簡単、迅速に、そして正確に管理することが出来るようになります。

  • 出張者の動向や出張経費の可視化
  • コンプライアンスの強化
  • 出張旅費の削減
  • 安全配慮義務の徹底
  • モビリティ(いつでもどこでも作業可能)

クラウドによる外部サービス連携を実現することが、なぜ出張者、企業の双方にとってメリットがあるのか、IDCの調査レポート「コネクテッド・ジャーニー 今求められている出張管理の高度化とは」に書かれています。

更に上の出張管理を目指すため、是非ご覧ください。