導入のご相談: 03-4570-4666
Whitepapers (12)
 
海外進出と言えば大企業だけが行うものという時代は終わり、中堅中小企業も海外にビジネス領域を広げています。 その一方で、海外渡航に関連するリスクは複雑化し、テロ、暴動、悪天候、自然災害、感染症など、海外出張者が現地で思いもよらない事態に遭遇するリスクが高まっています。 こうした環境下において、海外に渡航する従業員を抱える企業にとって、安全配慮義務は必須の課題と言えます。しかし、「やらなければいけないが、何をどこまでやれば良いのかわからない」と悩むこともあるのではないでしょうか。 そこで、ビジネス環境を取り巻く海外リスクの変化と対策について、...
 
 
 
今や多くの企業が取り組んでいる「デジタルトランスフォーメーション」。IoT、AI、Fintechなどのデジタルテクノロジー全般を活用した新たな製品・サービス、ビジネスモデルの開発やビジネスパートナーとの関係を通じた新たな価値の創出など、競争上の優位性を確立することとして定義され、現在および将来のビジネス戦略にとっ
 
 
 
会社でリスク管理や安全配慮義務の規程やガイドラインとは別に、出張に行く際は自分自身の安全を守るための準備をするに越したことはありません。
 
 
 

企業が従業員に求めるものは何でしょうか?

それはきっと創造力と革新的なビジネスアイディアの立案や遂行であり、データ入力のような単調な仕事を永遠に繰り返すことではありません。

しかしながら、経理・財務の仕事は領収書や請求書の処理に追われ、時には集中力を保てずミスが発生するなど、企業が求める従業員像とは真逆、単調作業を強いているのが現状です。

そんな経理・財務の仕事こそ、AIや機械学習を取り入れるチャンスです!

「もしかすると自分の仕事が奪われるかもしれない・・・」と不安に思う必要はありません。AIや機械学習との付き合い方が知りたい方は是非ご覧ください。

またコンカーのAIや機械学習を取り入れてみたい方におすすめです。

 
 
 
絶え間なく変化するビジネス環境において、会社の支出管理は、CFOや経理部門のトップにとって悩ましい課題です。 会社の成長とともに従業員数、取引先企業が増えれば、それだけ追跡・管理しなければならない経費が増え、複雑化を増していきます。
 
 
Brochures (5)
 
SAP Concur の導入企業は、840社(2018/9末 現在)と順調に増えています。間接費あるいは間接業務の改革を進めるお客様とともに、私どものプロダクトも成長し続けています。 今回、2018年に新たに公開に許諾をいただいた導入事例を、一挙にご覧いただける事例集を用意しました。 お客様の会社に近い規模だったり、似たような課題があった導入企業が振り返る導入前後のお話をご参照ください。   掲載されている導入企業一覧 ※従業員数(単体)順 (従業員数は、取材時またはその近時の期末のものです) 株式会社LIXIL |...
 
 
 
Concur Travelは、場所が時間を選ばず出張予約からスケジュール管理、経費精算までをスムーズにするクラウドサービスです。PCから出張の申請、航空券、ホテルの予約までをワンストップで行うことができます。しかも企業の出張規程に沿った手配が可能になり、ガバナンスの向上、出張経費の可視化ができます。
 
 
 
Business Intelligence は出張・経費支出の見える化を促進、組織別規定違反率、支払いリードタイム、部門別予算対経費使用率などの標準レポートから支出状況を把握できます。
 
 
 
世界で支持される出張・経費管理クラウドのデファクトスタンダード Concur Travel &...
 
 
Videos (1)
 

出張申請から宿泊や航空券チケット、レンタカー手配ほか、出張後の経費精算までを一元管理出来るConcur Travel & Expenseと従業員のリスク管理をタイムリーに行えるConcur Risk Messageingを実際の画面をお見せしながらご紹介します。Concurは出張前、出張中、出張後まであなたのビジネストラベルが便利で快適なものになるよう支援します。

 
 

Case Studies (3)
 
日東電工株式会社は、2018年には創立100周年を迎えるグローバル企業である。総合部材メーカーとして世界27カ国でビジネスを展開し、連結従業員数は約3万名にも及ぶ。事業成長を支えるグローバルな経費精算・管理基盤としてConcur Travel & Expense の導入を決定。経費精算業務の効率化はもちろん、海外航空券で20%のコスト削減を達成するなど、短期間で効果が出ている。今後全世界の経費データを分析することで、更なる生産性向上、コスト削減を加速させる予定だ。
 
 
 
オムロンでは間接材集中購買に積極的に取り組んでいる。とくに可視化が可能で適正化のインパクトの大きい海外航空券をターゲットとし、Concur Travelの採用を決定。海外旅費の航空券10億円のうち10%減を目論む。
 
 
 
カールツァイス株式会社は海外出張比率が高く、管理レベルの高度化と経費削減を目的にConcur Expense と Concur Travel を組み合わせて導入。実現したいのは出張申請、航空券やホテルの予約、経費精算までをワンストップ化。
 
 

Reports (2)
 
経費精算システムの比較・検討の際に欠かせないポイントが明らかに 間接業務は、多くの中堅・中小企業で様々な課題があると認識されながらも、なかなか改善が進んでいないようです。 中堅・中小企業(従業員数30~999名)の経営者・経理担当者300人に聞いた間接業務の実態調査(マクロミル調べ)の結果から、業務のデジタルシフトで実現しうる改善について分析し、戦略的なIT活用についてまとめました。
 
 
 
ビジネス全体がデジタル化する中で、出張・経費管理もより効率的に デジタル化の波が企業の経理・財務機能にも変革をもたらしています。 CFOや経理・財務部門の責任者は、従業員に使いやすい出張・経費管理のソリューションを提供するだけでなく、ビックデータを分析し、企業の利益率を向上させることが求められています。 どうやって、経理スタッフの経費精算・管理業務を半減させるか?そして、 自動的に事務処理とミスを削減 経費情報をリアルタイムで収集 出張者の経費使用の適正化