導入のご相談: 03-4570-4666
Whitepapers (12)
 
今や多くの企業が取り組んでいる「デジタルトランスフォーメーション」。IoT、AI、Fintechなどのデジタルテクノロジー全般を活用した新たな製品・サービス、ビジネスモデルの開発やビジネスパートナーとの関係を通じた新たな価値の創出など、競争上の優位性を確立することとして定義され、現在および将来のビジネス戦略にとっ
 
 
 

電子帳簿保存法のスキャナ保存制度がスタートし、紙の領収書や請求書などをスキャナ で電子化して保存できるようになりました。

この制度を利用すれば、煩雑だった経費精算業務や、経理部門の集計業務を効率化でき、 付加価値の高い本来業務に注力できるようになります。

人材を有効活用したい中堅中小企業は、ぜひ活用したい制度です。

このホワイトペーパー内では、領収書・請求書 電子化のステップとし、貴社に一番あった始め方をご紹介しています。

Step1: 電子帳簿保存法を 理解する

Step2: ツールを選定し、 事務処理フローを 見直す

Step3: 税務署に スキャナ保存を 申請する

Step4: Let’s Start!!

 
 
 

企業が従業員に求めるものは何でしょうか?

それはきっと創造力と革新的なビジネスアイディアの立案や遂行であり、データ入力のような単調な仕事を永遠に繰り返すことではありません。

しかしながら、経理・財務の仕事は領収書や請求書の処理に追われ、時には集中力を保てずミスが発生するなど、企業が求める従業員像とは真逆、単調作業を強いているのが現状です。

そんな経理・財務の仕事こそ、AIや機械学習を取り入れるチャンスです!

「もしかすると自分の仕事が奪われるかもしれない・・・」と不安に思う必要はありません。AIや機械学習との付き合い方が知りたい方は是非ご覧ください。

またコンカーのAIや機械学習を取り入れてみたい方におすすめです。

 
 
 
絶え間なく変化するビジネス環境において、会社の支出管理は、CFOや経理部門のトップにとって悩ましい課題です。 会社の成長とともに従業員数、取引先企業が増えれば、それだけ追跡・管理しなければならない経費が増え、複雑化を増していきます。
 
 
 

電子帳簿改正により、ますます関心の高まる電子化。領収書よりも請求書の方が電子化のニーズが高いということが判明しました。

コンカーは日本CFO協会と共同で、請求書電子化における企業の取り組み状況について実態調査を実施。請求書電子化のニーズが高いにも関わらず、電子化に踏み切れない企業の課題について迫ります。

 
 
Brochures (6)
 
受領した紙の領収書。システム入力や突合作業など、億劫になったことはありませんか? Concur Invoice Standardなら、請求書処理もカンタン。 紙やハンコの請求書管理から解放されたい、導入費用や運用費用をできるだけ抑えたいという方におすすめです。 Concur Invoice Standardを選ぶ理由 面倒な入力作業、請求書支払の承認のためだけの帰社も不要。 社員の不満をなくして、生産性を向上させます。 経理業務自体の効率が大幅に改善されるうえ、社内規程もしっかり適用。不正経費を撲滅します。 必要な経費、無駄な経費を詳細に可視化。
 
 
 
SAP Concur の導入企業は、840社(2018/9末 現在)と順調に増えています。間接費あるいは間接業務の改革を進めるお客様とともに、私どものプロダクトも成長し続けています。 今回、2018年に新たに公開に許諾をいただいた導入事例を、一挙にご覧いただける事例集を用意しました。 お客様の会社に近い規模だったり、似たような課題があった導入企業が振り返る導入前後のお話をご参照ください。   掲載されている導入企業一覧 ※従業員数(単体)順 (従業員数は、取材時またはその近時の期末のものです) 株式会社LIXIL |...
 
 
 
~大好評の「電子化完全ガイド」がパワーアップして登場です~ 平成28年度の電子帳簿保存法改正により、2017年1月よりスマホで領収書の電子化が可能となり、スキャナ保存制度の累計承認件数は急激に伸びています。 また、経理部門やCFOへの調査によると、領収書以上に請求書の電子化を検討されている企業が多くいることが判明しています。 (請求書電子化における企業の取り組み実態調査 見えた課題と対応策:日本CFO協会) (
 
 
 
Concur Invoiceは消耗品・水道光熱費・外部サービス費などのサプライヤーからの請求書に基づいた支払依頼、承認などの業務プロセスを自動化することが可能です。毎月面倒で時間のかかる請求書管理、請求書管理を簡単にし、管理コストの削減に大きな効果を発揮します。 従業員の悩み ● 紙の請求書の入力に手間がかかっている ● 上長の承認が遅く、支払いが遅れる ● 規程チェックが不十分で差し戻しが多い 管理職の悩み ● 外出が多く承認ができない ● 部内の間接費の利用状況が分からない 経理財務部門の悩み ● サプライヤーへの支払総額が 不明でコスト交渉ができない ●...
 
 
 
Business Intelligence は出張・経費支出の見える化を促進、組織別規定違反率、支払いリードタイム、部門別予算対経費使用率などの標準レポートから支出状況を把握できます。
 
 
Videos (2)
 

請求書処理における入力作業の簡略化を実現したConur Invoice。スマートフォンによる承認や、規程チェック機能、定期請求機能なども搭載。また分析機能は今までブラックボックスだった間接費の購買情報を可視化してくれます。スマートな請求書管理をご体感ください。

 
 
 

経理部門に届く請求書の山は崩壊寸前!Concur Invoice なら紙の請求書を自動読み込み、また、入力代行サービスもご用意。面倒な請求書処理から解放します!

 
 

Case Studies (1)
 
セゾン情報システムズはグローバル展開など事業環境の変化に対して 迅速かつ低コストに対応するため Concur Invoice を導入。 経理の承認時間が4割削減など、明確な導入効果を得る。
 
 

Testimonials (1)
 

「年間1,200万枚の請求書、額にして200億ドルの請求処理を Concur で行っています。前払い処理が必要な処理をAriba、非正規雇用社員の管理をFieldglassと基幹システムであるSAPを組み合わせ、真のグローバルオペレーションを実現したいと思っています」 - ジョナサン・リッジウェル グローバル購買・支払担当マネージング・ディレクター JPモルガン・チェース

 
 

Testimonials (1)
 
Concur Invoiceを使うと、請求書処理に掛かる時間やコストがどれだけ変わるのでしょうか? IDCがConcur Invoiceのユーザー企業へヒアリング調査を行ったところ、調査したすべての企業において、効率的、かつ効果的な請求書管理プロセスを実現したとのこと。 Concur Invoiceの使用で、支払ワークフローの自動化と簡略化を図り、操作性と生産性を向上、支払プロセスのモバイル化を促進することで、請求書の支払いに関する時間、コストの削減に成功、コンプライアンスレベルも改善しています。 5年のROI (投資回収率)は505%、投資回収期間は5か月など、Concur Invoice導入のメリットが一目で分かります。 詳細は
 
 

Reports (2)
 
経費精算システムの比較・検討の際に欠かせないポイントが明らかに 間接業務は、多くの中堅・中小企業で様々な課題があると認識されながらも、なかなか改善が進んでいないようです。 中堅・中小企業(従業員数30~999名)の経営者・経理担当者300人に聞いた間接業務の実態調査(マクロミル調べ)の結果から、業務のデジタルシフトで実現しうる改善について分析し、戦略的なIT活用についてまとめました。
 
 
 
ビジネス全体がデジタル化する中で、出張・経費管理もより効率的に デジタル化の波が企業の経理・財務機能にも変革をもたらしています。 CFOや経理・財務部門の責任者は、従業員に使いやすい出張・経費管理のソリューションを提供するだけでなく、ビックデータを分析し、企業の利益率を向上させることが求められています。 どうやって、経理スタッフの経費精算・管理業務を半減させるか?そして、 自動的に事務処理とミスを削減 経費情報をリアルタイムで収集 出張者の経費使用の適正化