導入のご相談: 03-4570-4666
Whitepapers (16)
 
今や世界中で、従業員の生産性最大化、運用コストの削減、ビジネスパフォーマンスの改善を目指すために不可欠と言われているデジタルトランスフォーメーション。 こうしたデジタルトランスフォーメーションへの取り組みの1つとして、企業はクラウド型のエンタープライズアプリケーションに投資して、ビジネスプロセスを自動化しています。 特に、経費、出張、請求管理のためのアプリケーションに投資することで、コンプライアンスを高め、多額のコストを制御できるようになるため、すぐにビジネスプロセスのトランスフォーメーションが実現します。 このホワイトペーパーでは、SAP Concurを使用している複数の企業や組織へのインタビューをもとに、経費、出張、および請求管理におけるSAP...
 
 
 
今や多くの企業が取り組んでいる「デジタルトランスフォーメーション」。IoT、AI、Fintechなどのデジタルテクノロジー全般を活用した新たな製品・サービス、ビジネスモデルの開発やビジネスパートナーとの関係を通じた新たな価値の創出など、競争上の優位性を確立することとして定義され、現在および将来のビジネス戦略にとって不可避の取り組みとなっています。
 
 
 

企業規模に関わらず、ビジネスに国境はない時代へ突入
ビジネスのグローバル化にバックオフィスはついていけるか?!

中小企業のおよそ4割が海外拠点を持つ現在、日本の労働力人口減少も相まって、人材のグローバル化が加速。バックオフィス業務のグローバル化も待ったなしの状況です。

そんな中、事業の成長拡大に伴う間接部門の業務負担増加をどのように解決すればよいのか?
急成長を遂げるTableCheck様、ミツバチワークス様にお話をお伺いしました。

 
 
 

電子帳簿保存法のスキャナ保存制度がスタートし、紙の領収書や請求書などをスキャナ で電子化して保存できるようになりました。

この制度を利用すれば、煩雑だった経費精算業務や、経理部門の集計業務を効率化でき、 付加価値の高い本来業務に注力できるようになります。

人材を有効活用したい中堅中小企業は、ぜひ活用したい制度です。

このホワイトペーパー内では、領収書・請求書 電子化のステップとし、貴社に一番あった始め方をご紹介しています。

Step1: 電子帳簿保存法を 理解する

Step2: ツールを選定し、 事務処理フローを 見直す

Step3: 税務署に スキャナ保存を 申請する

Step4: Let’s Start!!

 
 
 

企業が従業員に求めるものは何でしょうか?

それはきっと創造力と革新的なビジネスアイディアの立案や遂行であり、データ入力のような単調な仕事を永遠に繰り返すことではありません。

しかしながら、経理・財務の仕事は領収書や請求書の処理に追われ、時には集中力を保てずミスが発生するなど、企業が求める従業員像とは真逆、単調作業を強いているのが現状です。

そんな経理・財務の仕事こそ、AIや機械学習を取り入れるチャンスです!

「もしかすると自分の仕事が奪われるかもしれない・・・」と不安に思う必要はありません。AIや機械学習との付き合い方が知りたい方は是非ご覧ください。

またコンカーのAIや機械学習を取り入れてみたい方におすすめです。

 
 
Brochures (9)
 
SAP Concur の導入企業は、840社(2018/9末 現在)と順調に増えています。間接費あるいは間接業務の改革を進めるお客様とともに、私どものプロダクトも成長し続けています。 今回、2018年に新たに公開に許諾をいただいた導入事例を、一挙にご覧いただける事例集を用意しました。 お客様の会社に近い規模だったり、似たような課題があった導入企業が振り返る導入前後のお話をご参照ください。   掲載されている導入企業一覧 ※従業員数(単体)順 (従業員数は、取材時またはその近時の期末のものです) 株式会社LIXIL |...
 
 
 
~大好評の「電子化完全ガイド」がパワーアップして登場です~ 平成28年度の電子帳簿保存法改正により、2017年1月よりスマホで領収書の電子化が可能となり、スキャナ保存制度の累計承認件数は急激に伸びています。 また、経理部門やCFOへの調査によると、領収書以上に請求書の電子化を検討されている企業が多くいることが判明しています。 (請求書電子化における企業の取り組み実態調査 見えた課題と対応策:日本CFO協会) (
 
 
 
旅費や経費の無駄な出費を抑えるためには、社員に対して適切なガイドラインを明示する必要があります。

[経費規程が必要な理由]
  • 社員が経費使用におけるルールを把握することで、ルールを遵守、より迅速に立替経費の払戻しを受けられるようになります。
  • 財務部門が、どの経費申請を承認・却下すべきか判断できます。
  • 管理職は、費用をより抑制することができ、出張・経費の支出額の算出が容易になります。
  • 会社内に経費規程が存在することで、法人税法違反などの法律違反のリスクを回避できます。
そこで、旅費規程、交際費規程、経費精算規程などの経費規程をこれから作成する方のために、ポイントをまとめたマニュアルをご用意しました。

また、巻末付録に、旅費規程、交際費規程、経費精算規程をまとめたテンプレートもありますので、スムーズに経費規程を作成することができます。
 
 
 
経費精算・経費管理システム「Concur Expense Standard」のパンフレットです。使いやすく、簡単に導入でき、経費精算や間接費管理の生産性を上げることができます。紙やExcelでの経費精算申請や管理を今すぐやめたい、導入費用や運用費用をできるだけ抑えたいという方におすすめです。 スマホでカンタン経費精算 40,000社の導入企業、5,200万人のユーザが利用する 世界水準の経費精算・経費管理クラウドサービス 平均的なサラリーマンが経費精算にかける時間は生涯52日。経費精算こそ利益を生み出さないムダな業務です。 Concur Expense Standard なら経費精算をとことん自動化。経費申請や承認、経理処理にかかる労力と時間を大幅に削減。 経費精算の業務効率化を図ることで、従業員の生産性も向上。働き方改革も実現できます。...
 
 
 
Concur Expenseを実際にお使いのお客様100社を対象に導入背景や導入効果などに関するにアンケート調査を行いました。コンカー導入前の課題や、実際に導入した後の導入効果、特にコスト削減効果や各種税制への対応状況、市場変化への対応度などをわかりく10つのポイントに分け解説します。

出張・経費コスト削減に加え、経費精算にかかる現場社員や、経理財務担当者の負荷軽減を施策なども網羅的にご紹介します。
 
 
Videos (7)
 

出張申請から宿泊や航空券チケット、レンタカー手配ほか、出張後の経費精算までを一元管理出来るConcur Travel & Expenseと従業員のリスク管理をタイムリーに行えるConcur Risk Messageingを実際の画面をお見せしながらご紹介します。Concurは出張前、出張中、出張後まであなたのビジネストラベルが便利で快適なものになるよう支援します。

 
 
 

Concur が提供するオープンプラットフォームを活用すれば、出張申請から経費精算までの一連の処理を最高の出張体験とともに自動化できます。ぐるなび、駅すぱあと、Times、全国タクシーなどを始め、UberやAirbnbとも連携、国内外に飛び回るあなたを Concurが支援します。

 
 
 

Concur Fusion Exchange 2015 Tokyo では日本でオープンプラットフォーム戦略を発表しました。お便利アプリ・サービスとコンカーを連携させることで、最高の経費精算体験 - "パーフェクトエクスペンス" を実現します。

 
 
 

Concur が提供する 出張・経費管理クラウドの中でも、中核製品である Concur Expense のサービス内容を分かりやすくご紹介します。

 
 
 

経費精算を全自動化するパーフェクトエクスペンスを実現のためにConcurはオープンプラットフォームで出張・経費に関わるサービスのすべてを統合します。

 
 
Case Studies (29)
 
横浜ゴムはこれまで、2017年の創業100年を視野に、数多くの組織・制度改革を実施、その一つが総務、人事、経理をはじめとするあらゆる管理部門の業務効率化です。 経理部門においては、2015年に Concur Expenseを導入し、煩雑で大きな負担となっていた経費処理の効率化に成功。さらに2016...
 
 
 
株式会社LIXILは、住生活産業のグローバルリーダーを目指しており、事業領域は戸建住宅、マンションから公共施設、商業施設、オフィスなどまで多岐に渡ります。 IT による業務標準化を推進するプロジェクトの一環として、経費精算システムにSAP Concur を導入。経費データ連携による徹底した入力レスで経費精算工数の6割削減とガバナンス強化を実現しました。
 
 
 
NEWVERY(ニューベリー)は、「教育」と「アート」の2軸で“若者たちが未来に希望を持てる社会づくり”に取り組むNPO法人だ。高等教育事業、教育寮事業、クリエイティブ事業の3つの事業を設け、教育機関や公共・自治体とのアライアンス、パートナーシップを組んで若者を取り巻くさまざまな問題を解決しています。 NEWVERYでは2017年、煩雑な経費精算および承認管理業務を簡素化して本業への集中を図るために Concur Expense Standardを採用。経費精算/承認管理業務の大幅な効率化に加え、スタッフの意識改革やコンプライアンス強化など、さまざまな効果を上げています。
 
 
 

金融ビジネスの最先端を走る成長企業である株式会社Origamiは、店頭でのスマホ決済サービス「Origami Pay」を提供するなど、急速に事業拡大している。 その事業拡大に伴い、社員数が増え、経費精算に掛かる工数も増大。

そこで生産性向上のために、経費精算システムを検討。その中でもConcur Expense Standardは、将来ビジネスの成長に合わせて長く使っていけるという信頼性や、精算業務を楽にするだけでなくコスト分析までできるという機能性、また海外展開を見据えた多言語対応などといった点が決め手となった。

Concur Expense Standardで経理作業は半分に、経費利用実績を把握するのもタイムラグがゼロになり、ガバナンス強化の面でも活用している。

 
 
 
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントは、JVCケンウッドグループのエンタテインメント事業を担う会社である。同社のほか、アニメ事業専門会社、芸能マネジメント会社など5社でビクターエンタテインメン トグループを構成し、音楽関連ビジネスを展開している。ディレクター、プロモーターといった社員は外勤が多く、立替経費も発生。紙での経費精算は工数がかかるためConcur Expenseを導入。モバイルを活用し、時間、場所、端末を選ばず経費精算できるようになったことで、負担削減を実現した。
 
 
Testimonials (6)
 

~SAP Concurを使って出張・経費管理における工数を40%削減。間接費の一元管理で、出張コスト削減を推進~

NECではグローバルな競争力を常に維持、確保し続けるために、間接費改革に取り組んでいます。

NECグループでは年間約100万件の出張・外出の申請があり、従業員は7万時間を費やしていました。

Concur Expenseによる入力の自動化、電子帳簿保存法対応による領収書電子化、Concur Travelによるオンラインでの出張手配などを進めることにより、40%の工数削減が実現。本業への集中を推進できます。

また、海外に出張する従業員の安全管理もSAP Concurで実現。出張・経費に関するデータを一元管理することで、コスト削減や安全管理を含め様々な効果が出ています。

 
 
 

三井物産のアジア・パシフィックエリアでは業務標準化のためにConcur Travel & Expenseを採用。 紙ベースだった従業員の出張申請、経費精算の効率化を実現しました。

採用の決め手はソリューションの成熟度、高いセキュリティ、そしてSAP ERPとの統合。

モバイル活用による出張・経費申請時間の削減、承認プロセスの簡素化、そして実際の経費削減効果だけでなく、アジア全域でのコンプライアンス強化、クラウド活用によるIT部門の効率化も実現できているとのこと。

SAP Concur導入に非常に満足されています。 

※歯車マークを押して、字幕で日本語を選択してください

 
 
 

「Concurは経費精算業務のすべてのプロセスをカバーし、ペーパーレス化を実現してくれました。従業員も上長もモバイルで外出先から処理ができますし、従業員への支払い時間は1か月から2週間へ短縮することができました。SAPと組み合わせ、全社レベルでのコスト管理、可視化に期待しています」 - ミシェル・ステイブル マネジャー 出張・経費管理 ブリヂストン・アメリカス社

 
 
 

「個人的な実感として、10回も使えばこのシステムになじむと思います。今回の Concur 導入を業務全体の生産性向上のきっかけにしたいと考えています」 - 株式会社クレディセゾン 財務経理部 管掌(兼)経営企画部 担当 取締役 青山 照久 氏

 
 
 

「単にデータをもらうだけの経理でなく、“戦略に役立つ情報を出せる経理”をめざします。Concur はそのための大きな力になっています」 - ピン ゴルフジャパン株式会社 ファイナンス ディレクター 浅川 智文 氏

 
 
Testimonials (1)
 

論より証拠

あなたの出張・経費支出は適正ですか?コンカーは新しい手法でグローバルでガバナンスを効かせながら、さらなるコスト削減をお約束します。論より証拠、導入効果を数字で見れば、一目瞭然です。

 
 

Reports (4)
 
経費精算システムの比較・検討の際に欠かせないポイントが明らかに 間接業務は、多くの中堅・中小企業で様々な課題があると認識されながらも、なかなか改善が進んでいないようです。 中堅・中小企業(従業員数30~999名)の経営者・経理担当者300人に聞いた間接業務の実態調査(マクロミル調べ)の結果から、業務のデジタルシフトで実現しうる改善について分析し、戦略的なIT活用についてまとめました。
 
 
 
改正電子帳簿保存法(e-文書法)適用のために税務署に申請する書類、
「国税関係書類の電磁的記録によるスキャナ保存の承認申請書」
を、Concur Expenseを例にした記入例です。
領収書電子化を具体的に進めて申請する際、どこをどう書けばいいのか、何を間違って書いてはいけないかなど、詳細を記入しています。ご参照ください。
 
 
 
 月々の「経費精算」はサラリーマンが避けて通れない恒例行事のひとつです。日本では「紙の領収書」を軸とした手作業中心の経費精算がまだまだ主流ですが、これは欧米企業にはほとんど存在しない業務だということをご存じでしょうか?  コンカーでは、あまりにも長く日常的に行われ、その非効率性に気づく機会がなかった「サラリーマンと経費精算」の関係に注目し、アンケート調査を行いました。  そこで明らかになった実情と問題点を掘り下げ、スライドストーリーで資料に分かりやすくまとめました。 資料に掲載された経費精算の実態例
 
 
 
ビジネス全体がデジタル化する中で、出張・経費管理もより効率的に デジタル化の波が企業の経理・財務機能にも変革をもたらしています。 CFOや経理・財務部門の責任者は、従業員に使いやすい出張・経費管理のソリューションを提供するだけでなく、ビックデータを分析し、企業の利益率を向上させることが求められています。 どうやって、経理スタッフの経費精算・管理業務を半減させるか?そして、 自動的に事務処理とミスを削減 経費情報をリアルタイムで収集 出張者の経費使用の適正化