導入のご相談: 03-4570-4666
03-4570-4666
Whitepapers
 

研究や業務で遠方へ赴く教職員や学生の安全を守り、ひいては組織を守るためには、全学共通のしっかりした安全配慮対策を定めておくことが重要です。

現在の対策には欠点があると感じている学術機関は少なくありません。SAP Concur主催のウェビナー参加者へのアンケートによると、何らかの安全管理は実施しているが、改善の余地があるという回答が59.3%にのぼりました。

ここでは、高等教育機関における安全管理の改善に役立つヒントを紹介します。

 
 
 
大学の支出管理において、とりわけ大きな問題となっているのは、教員やスタッフ自身が発注を行うという現状にどう対応するかです。 従来、支出の大部分は集中管理されてきましたが、現在は教員やスタッフが主導権を握りつつあります。 昔と比べて、教員やスタッフが物品を購入する方法や、業者との連絡手段も大きく変化しました。 ところが、経理部門はというと、手作業による紙ベースの出張費・経費精算や支払い手続きに苦労しているのが実情です。 効果的な支出管理を実現するためには、支出の可視化が欠かせません。
 
 
 
リスクとコンプライアンスの管理は 世界中の中堅・中小企業にとって大きな課題です 近年、中堅・中小企業はリスクとコンプライアンスの問題に直面しています。それにより、成長や長期目標の達成が阻まれることも考えられます。  特に、適切なITツールをまだ導入していない中堅・中小企業の場合、経費の不正申請の被害に遭ったり、罰金や違約金が科せられたりするリスクが高くなります。  めまぐるしく変化するビジネス環境においては、効果的な経費管理ツールを取り入れることでキャッシュフローの透明性を大幅に高め、経費の不正申請や不正経費支出によって多額の損失を被るリスクを避けることができます。 AMI が...
 
 
 
リスクとコンプライアンスの管理は 世界中の中堅・中小企業にとって大きな課題です 近年、中堅・中小企業はリスクとコンプライアンスの問題に直面しています。それにより、成長や長期目標の達成が阻まれることも考えられます。  特に、適切なITツールをまだ導入していない中堅・中小企業の場合、経費の不正申請の被害に遭ったり、罰金や違約金が科せられたりするリスクが高くなります。  めまぐるしく変化するビジネス環境においては、効果的な経費管理ツールを取り入れることでキャッシュフローの透明性を大幅に高め、経費の不正申請や不正経費支出によって多額の損失を被るリスクを避けることができます。 AMI が...
 
 
 
今や世界中で、従業員の生産性最大化、運用コストの削減、ビジネスパフォーマンスの改善を目指すために不可欠と言われているデジタルトランスフォーメーション。 こうしたデジタルトランスフォーメーションへの取り組みの1つとして、企業はクラウド型のエンタープライズアプリケーションに投資して、ビジネスプロセスを自動化しています。 特に、経費、出張、請求管理のためのアプリケーションに投資することで、コンプライアンスを高め、多額のコストを制御できるようになるため、すぐにビジネスプロセスのトランスフォーメーションが実現します。 このホワイトペーパーでは、SAP Concurを使用している複数の企業や組織へのインタビューをもとに、経費、出張、および請求管理におけるSAP...
 
 
 
海外進出と言えば大企業だけが行うものという時代は終わり、中堅中小企業も海外にビジネス領域を広げています。 その一方で、海外渡航に関連するリスクは複雑化し、テロ、暴動、悪天候、自然災害、感染症など、海外出張者が現地で思いもよらない事態に遭遇するリスクが高まっています。 こうした環境下において、海外に渡航する従業員を抱える企業にとって、安全配慮義務は必須の課題と言えます。しかし、「やらなければいけないが、何をどこまでやれば良いのかわからない」と悩むこともあるのではないでしょうか。 そこで、ビジネス環境を取り巻く海外リスクの変化と対策について、...
 
 
 
2018年5月に開催されたFINANCE FORUM 2018のイベントレポートです。「金融業務改革がもたらす収益力強化」をテーマに金融サービス業界の事例を紹介しながら、間接業務の自動化と経費コストの最適化を実現する手法をご紹介しました。 「紙」の経費精算は生産性が低い 日本のビジネスマンは生涯で52日を経費精算に費やしており、領収書ののり付けに生涯17日を費やしています。労働人口と国内市場が縮小する中、ホワイトカラーの生産性向上は喫緊の課題です。 大手証券会社では紙での領収書の保管コスト年間5億円!
 
 
 
今や多くの企業が取り組んでいる「デジタルトランスフォーメーション」。IoT、AI、Fintechなどのデジタルテクノロジー全般を活用した新たな製品・サービス、ビジネスモデルの開発やビジネスパートナーとの関係を通じた新たな価値の創出など、競争上の優位性を確立することとして定義され、現在および将来のビジネス戦略にとって不可避の取り組みとなっています。
 
 
 

企業規模に関わらず、ビジネスに国境はない時代へ突入
ビジネスのグローバル化にバックオフィスはついていけるか?!

中小企業のおよそ4割が海外拠点を持つ現在、日本の労働力人口減少も相まって、人材のグローバル化が加速。バックオフィス業務のグローバル化も待ったなしの状況です。

そんな中、事業の成長拡大に伴う間接部門の業務負担増加をどのように解決すればよいのか?
急成長を遂げるTableCheck様、ミツバチワークス様にお話をお伺いしました。

 
 
 

電子帳簿保存法のスキャナ保存制度がスタートし、紙の領収書や請求書などをスキャナ で電子化して保存できるようになりました。

この制度を利用すれば、煩雑だった経費精算業務や、経理部門の集計業務を効率化でき、 付加価値の高い本来業務に注力できるようになります。

人材を有効活用したい中堅中小企業は、ぜひ活用したい制度です。

このホワイトペーパー内では、領収書・請求書 電子化のステップとし、貴社に一番あった始め方をご紹介しています。

Step1: 電子帳簿保存法を 理解する

Step2: ツールを選定し、 事務処理フローを 見直す

Step3: 税務署に スキャナ保存を 申請する

Step4: Let’s Start!!

 
 

Pages