導入のご相談: 03-4570-4666
03-4570-4666
Report
 
2019年4月18日(木)に開催されたセミナーインフォ主催「FINANCE FORUM テクノロジーを駆使した金融業務革新」のセミナーレポートです。 AI やIoT の普及によってデジタルバンキングによるイノベーションが確実に進展する中、金融庁が昨年公表した新行政方針では「金融デジタライゼーション戦略」の11 の施策が打ち出されました。各金融機関では、RPA を活用した生産性の向上や融資審査や市場取引におけるAI の活用、API を通じた異業種との共創等、新たなテクノロジーを活用し次世代ビジネスモデルの創造や業務の生産性向上に取り組んでいます。 本フォーラムでは、テクノロジーによる金融機関の業務革新に焦点をあて、AI、RPA、IoT...
 
 
 
2019年2月に開催された都道府県CIOフォーラムのイベントレポートです。 本レポートは日経コンピュータ3月19日号に掲載されたものです。 - 自治体が解決すべき間接業務の課題とその方法とは- 2040年には現在の半分の公務員で行政を支えなければならないー 総務省の「自治体戦略2040構想」研究会は、こう指摘しています。 これを実現するためには、AI, ロボティクス等を使いこなすスマート自治体への転換、 デジタルトランスフォーメーションを推進することが必要だと提言されています。
 
 
 
経費精算システムの比較・検討の際に欠かせないポイントが明らかに 間接業務は、多くの中堅・中小企業で様々な課題があると認識されながらも、なかなか改善が進んでいないようです。 中堅・中小企業(従業員数30~999名)の経営者・経理担当者300人に聞いた間接業務の実態調査(マクロミル調べ)の結果から、業務のデジタルシフトで実現しうる改善について分析し、戦略的なIT活用についてまとめました。
 
 
 
改正電子帳簿保存法(e-文書法)適用のために税務署に申請する書類、
「国税関係書類の電磁的記録によるスキャナ保存の承認申請書」
を、Concur Expenseを例にした記入例です。
領収書電子化を具体的に進めて申請する際、どこをどう書けばいいのか、何を間違って書いてはいけないかなど、詳細を記入しています。ご参照ください。
 
 
 
 月々の「経費精算」はサラリーマンが避けて通れない恒例行事のひとつです。日本では「紙の領収書」を軸とした手作業中心の経費精算がまだまだ主流ですが、これは欧米企業にはほとんど存在しない業務だということをご存じでしょうか?  コンカーでは、あまりにも長く日常的に行われ、その非効率性に気づく機会がなかった「サラリーマンと経費精算」の関係に注目し、アンケート調査を行いました。  そこで明らかになった実情と問題点を掘り下げ、スライドストーリーで資料に分かりやすくまとめました。 資料に掲載された経費精算の実態例
 
 
 
ビジネス全体がデジタル化する中で、出張・経費管理もより効率的に デジタル化の波が企業の経理・財務機能にも変革をもたらしています。 CFOや経理・財務部門の責任者は、従業員に使いやすい出張・経費管理のソリューションを提供するだけでなく、ビックデータを分析し、企業の利益率を向上させることが求められています。 どうやって、経理スタッフの経費精算・管理業務を半減させるか?そして、 自動的に事務処理とミスを削減 経費情報をリアルタイムで収集 出張者の経費使用の適正化