最新の記事
出張・経費管理トレンド
【イベントレポート】 なぜ、出張管理がアツい!のか?リスクとコストと社員の幸せの狭間
トランプ政権下で変わるグローバル経済の中、世界の主要路線に一部減少が見られるものの、世界の出張者の数は増え続けています。ウェブ会議システムの普及は逆に顔を合わせたコミュニケーションの重要性を気づかせる大きな契機となっています。...

もっと見る

プレスリリース2019.05.08
出張・経費管理トレンド
シスメックス、デジタル化によるビジネスプロセス改革の基盤として、SAPの次世代ERPのSAP S/4HANA® 、SAP HANA® Enterprise...
SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下 SAPジャパン)と株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、シスメックス株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役会長兼社長 CEO:家次 恒、以下 シスメックス)が、デジタル化によるビジネスプロセス改革の基盤として多数のSAPソリューションの採用を決定したことを発表しました。その中には、次世代ERP「SAP S/4HANA® 」、マネージド型クラウド基盤「SAP...

もっと見る

プレスリリース2019.04.19
製品情報
コンカー、先着10団体の公共機関に対し、経費管理のプロセス改革に向けた実証実験環境の無償提供を開始
~請求書処理・立替経費精算・出張管理の効率化・ペーパーレス化を目指す~ 株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、公共機関を対象に、経費管理のプロセス改革を支援するため、SAP Concurソリューションを利用した実証実験環境を無償で提供することを本日発表しました。実証実験ではコンカーの請求書管理クラウド「Concur Invoice」、経費精算・管理クラウド「Concur Expense」、出張管理クラウド「Concur...

もっと見る

プレスリリース2019.04.01
製品情報
コンカー、経費ビッグデータ活用による健康管理サービス「Concur Health Check」を提供開始
※本プレスリリースはエイプリルフール用のフィクションです。 ~過度な精算業務は腱鞘炎、視力低下など体にもネガティブであることが明らかに、出張・接待などの管理で健康的なビジネスライフを促進~ 出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、全世界で活用される経費支出ビッグデータを活用し、健やかな日本社会の創造に向け、ビジネスパーソンの健康管理を支援する新サービス「Concur Health...

もっと見る

プレスリリース2018.09.25
出張・経費管理トレンド
ピジョン、間接費管理基盤としてSAP Concurソリューションを採用
~ 出張・経費管理業務の効率化で生産性向上~ 出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、ピジョン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山下 茂、以下「ピジョン」)の出張旅費、立替経費、ベンダー経費などの間接費を一括して管理する基盤としてSAP Concurソリューションが採用されことを発表しました。 ピジョンはConcur...

もっと見る

プレスリリース2018.09.10
出張・経費管理トレンド
H.I.Sとコンカー社がBTM領域で協業、H.I.S.法人旅行事業のソリューションビジネスを細密に
~海外出張者の利便性向上、企業のガバナンス向上、経費の最適化を実現~ 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:澤田 秀雄 以下、H.I.S.)と株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗 以下、コンカー社)は、H.I.S.法人旅行事業におけるソリューションビジネスをより細密にし...

もっと見る

製品情報
デルタ航空とSAP Concurが協業、出張者の把握がさらに容易に
本ブログ記事は、米国本社で 2018年8月12日に発表されたニュースの抄訳です。SAP ConcurはGlobal Business Travel Association (GBTA) Convention 2018で、デルタ航空がConcur TripLink※ネットワークに参画したことを発表しました。TripLinkを利用しているSAP Concurのお客様は、自社の出張者がConcur...

もっと見る

出張・経費管理トレンド
社員の海外出張時の安全をどう確保するか 後編「業務渡航の危機管理 10のポイント」
海外出張・業務渡航における危機管理の重要性が叫ばれる中、企業は危機管理にどう取り組めばよいのでしょうか。前編では企業の危機管理の実情とその必要性について紹介しましたが、今回はそれを踏まえた対策のポイントを紹介します。危機管理に万全を期すにはまず、「緊急事態が発生する」ことを前提にし、リスクに見舞われた際の被害を最小化できるように常日頃からの備えが必要になります。 危機管理に取り組む際に必要なアプローチ...

もっと見る

出張・経費管理トレンド
社員の海外出張時の安全をどう確保するか 前編「聞こえてくる危機管理担当者の嘆き」
海外に生産拠点を構えたり、海外市場でビジネスを展開したりするグローバル企業が増える中、多くの企業は海外出張・業務渡航における「安全配慮義務」の課題に向き合うことが避けられなくなりました。特に危機管理部門の担当者は、いつどこで発生するか予想できない従業員のリスクとその対応について頭を悩ませています。本稿では、企業の危機管理の実情と実践のポイントを紹介したいと思います。 海外出張も例外ではない安全配慮義務...

もっと見る