ピックアップ記事全ての記事を見る
バックオフィス・ヒーローズ
第15話 - 収益認識基準では、延長保証サービスの会計処理も変わる - 公開道中「膝経理」
こんにちは、有限会社ナレッジネットワーク 公認会計士の中田清穂です。 「収益認識に係る会計基準」が大きな影響を及ぼす重要なポイントを選び、解説してきたこの連載ですが、次回で「収益認識基準編」は完となります。「収益認識に関わる会計基準」は、論点がたくさんあって、掘り下げればキリがありませんが、この連載を読み返すことで楽しみながら大枠をつかんでいただけたのではないかと思います。それでは残り2回、お付き合いください。...

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
第14話 - 収益認識基準では、本人か代理人かで売上が激減することもある - 公開道中「膝経理」
こんにちは、有限会社ナレッジネットワーク 公認会計士の中田清穂です。 前回は、特に土木や建築、船舶など長期間にわたる事業を請け負う業種にとって大きな影響を与える、「工事進行基準の廃止」について解説しました。 今回は、卸問屋や小売、あるいはソフトウェアの卸売的な取引を行っているシステム・インテグレータ(SIer)といった業種に、これまた大きな影響を与える「本人と代理人の区分」について解説していきます。

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
第13話 - 収益認識基準の登場で工事進行基準は廃止 - 公開道中「膝経理」
こんにちは、有限会社ナレッジネットワーク 公認会計士の中田清穂です。 前回の有償支給取引の扱いに続き、今回ご説明するのは、「工事進行基準」についてです。「収益認識に係る会計基準」が新たに開発されたことに伴い、「工事進行基準」は廃止されることになります。特に土木・建築関連、あるいはシステム・インテグレータ(SIer)など、長期請負契約を伴う仕事に携わっている企業にとっては、大きな制度変更です。また、ソフトウェアの受託開発を行う企業も、同様に影響を受けることになります。...

もっと見る

最新の記事全ての記事を見る
バックオフィス・ヒーローズ
エイチームCFO岩切邦雄氏 ― 銀行出身者がIT企業に転職してわかったスキルより大事なこと― The Road to CFO
CFO(Chief Financial Officer)とは、企業の最高財務責任者です。企業の財務管理において最高の権限を持つ人という印象がありますが、企業によってCFOが果たす役割や求められるニーズは異なります。自社のニーズをくみ取り、自身の提供できる価値を正確に把握することが、CFOとしてキャリアを歩む第一歩なのかもしれません。 Back Office...

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
第12話 - 収益認識基準で売上計上が禁止になる有償支給取引とは? - 公開道中「膝経理」
こんにちは、有限会社ナレッジネットワーク 公認会計士の中田清穂です。 返品の見積考慮を説明した前回に続き、今回、ご説明する「有償支給の売上計上処理の禁止」は、収益認識に係る会計基準の公開草案が公表された際、賛否両論で非常に反響のあった項目です。その反響については、最後に少しだけ紹介します。まずは有給支給が何を指していて、何が禁止なのか。その概要について、幸田社長と一緒に理解してみてください。 プロローグ

もっと見る

バックオフィス・ヒーローズ
RPAしくじり先生と経理財務のプロに聞いた業務革新成功の秘訣 - 第4回Back Office Heroesミートアップレポート
2019年1月21日、コンカー本社のセミナールームにて4回目となるBack Office Heroesミートアップ「RPAによる業務革新の現実と未来」を開催しました。今回は、そのレポートをお届けします。 昨今、ホワイトカラー業務をロボットに代行させる「RPA(Robotic Process Automation)」を導入している企業が増えています。RPAを活用してどのように変革を進めていけばよいのか、RPAの活用に造詣が深い二人の有識者に話をうかがいました。...

もっと見る