コンカー、「LINE Pay」上での経費精算代金の受け取りが可能に

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、アスタリスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:池上大介、以下 アスタリスト)が提供するiPaaSを通じ、LINE Pay株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:長福久弘、以下 LINE Pay)が提供する「LINE Pay」上での経費精算代金の受け取りが可能になったことを発表します。

コンカーでは、「ビジネスキャッシュレス構想」を掲げ、QRコード決済や交通系ICカードといった様々なサービスや決済手段とのデータ連携や、関連法の整備に向けた働きかけといった取り組みを通して、経費精算の手間を削減し、ビジネスパーソンの利便性や生産性の向上、企業のガバナンス強化に貢献すべく、日々取り組んでいます。

今回、コンカーの経費精算・管理クラウド「Concur® Expense」を使って申請された経費精算の払い戻し代金を、アスタリストが提供するiPaaS「ActRecipe」を通じ、「LINE Pay」上で受け取ることが可能になりました。これにより、従来は主に銀行口座に入金されていた経費精算代金の払い戻し先の選択肢が増え、企業様ならびにユーザーの皆様のさらなる利便性向上に繋がります。

サービス概要

なお、コンカーが提供する経費精算・管理クラウド「Concur Expense」と「LINE Pay」の決済データ連携については、年内対応に向けて準備を進めております。

本サービスについて、コンカーの代表取締役社長の三村真宗は次のように述べています。
「昨今のコロナ禍による生活の変容により、クレジットカードや交通系ICカード、モバイル送金・決済サービスは、かつてない速度で人々の生活に浸透し、生活になくてはならないものになりました。今回、アスタリスト様のActRecipeを通じLINE Pay上での経費精算代金の受け取りを可能にすることで、経費精算代金の払戻しにおける新たな選択肢をご提供できることを嬉しく思います。今後、Concur ExpenseとLINE Payの決済データ連携も含め、さらなる利便性の向上に向けた機能拡充を進めてまいります」

Loading next article