求人・転職情報:インサイドセールス(MDR)

新しいチャレンジとして選んだアメリカンフットボールに明け暮れた学生時代

 

子供が好きで、大学時代は教師を目指し、教育学部へ進学しましたが、勉強よりもアメリカンフットボール部にエネルギーを注いでいたと思います。元々スポーツが好きで、新しいチャレンジとして選んだのがアメリカンフットボールでした。QB(クォーターバック)だったのですが、人の動きをすべて頭の中に入れながら、個人の特性を踏まえて、球出しをする。自分の責任の重圧感もありますが、それ以上にチーム全体で勝負することを楽しめたように思います。

 

洗練されたプロセス、魅力的な人材、繋ぐのは自分

 

実は他社に就職が決まっていましたが、友人から外資系IT企業の話を聞き、コンカーの事を知りました。経費精算なんてスポットが当たりにくい領域を本気でやっている会社がある事自体に驚きましたし、調べるうちに大きな可能性を感じ、コンカーに就職しました。現在、中堅中小企業向けのインサイドセールスとして、新しいビジネスの種を見つける活動をマーケティングや営業と一緒に行なっています。インサイドセールスという仕事はアメリカンフットボールにとても似ていて、外資系ならではの洗練された業務プロセスをベースに、個性あふれる自分の仲間にビジネスの種を球出しする。案件になりそうもないものでもうまく進める営業もいれば、そもそも案件の種すらこない時もあります。そんな状況を正しく理解し、人材の特徴を見きわめながら、自分とみんなの仕事のパフォーマンスを上げていく。この仕事はクオータバックをやっていた時の経験に似ているかも、と最近思います。

(株式会社コンカー マーケティング本部 マーケットディベロップメント部 中堅・コマーシャルグループ コマーシャル市場担当 羽鳥 定虎)

 

コンカーは一年目からチャレンジさせてくれる、次は営業でトップを目指したい

 

中堅中小市場という新市場を立ち上げるべく、勉強と苦労の連続ですが、とても充実した時間を過ごしています。自分は学生時代と変わらず、新しいチャレンジと常に向き合っていたいと思っていて、次のステップとしてお客様の課題解決を直接支援するためにも、営業を目指したいと思っています。まだまだ学ぶ事が多い身ですが、コンカーは新卒でも、一年目から発言できる、また、聞いてくれるメンバーに恵まれた会社です。是非、新しいチャレンジがしたいと思っている新卒の人に積極的にコンカーに飛び込んできて欲しいし、そんな人と一緒に働きたいと思っています。

Loading next article